仲間と一緒に夢の小屋づくりにトライ!

小屋作り

小屋作りに挑戦

いつかは丸太小屋…
読者の皆様の中には、そんな憧れを持っている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、丸太小屋…とはいきませんが、物置小屋づくりにトライしました。

自信がないなぁ。。。と思われる方もいると思いますが、DIY仲間がいれば心配無用。
1人じゃ難しいことも協力してもらえれば夢じゃない! 
今回もTANOKメンバーを含め、多くの仲間に手伝って頂きました。 
では、はりきってガンバリましょう!!

用意するもの

工具

  • 丸ノコ
  • 丸ノコガイド
  • メジャー
  • 曲尺
  • 鉛筆
  • スコップ
  • ダンパー

資材

日本サイズと米国サイズで必要な材料が変わります。今回は米国サイズ。

  • 2x4basics® SHED KIT Barn Style(5角屋根) (ホプキンスマニュファクチャリング·コーポレーション社製)
  • 重量物用丁番
  • かんぬき
  • 木材(必要本数は金物説明書を参照)
  • SPF材(1×4、2×4) ACQ材(2×4)、構造用合板
  • コーススレッド(32ミリ、64ミリ)
  • コンクリート平板 11枚
  • 砂 60kg
  • 砂利 60kg

基礎づくり

位置を決めて穴を掘る

建てたい場所に床になるコンパネを置きます。ヨイショ~

コンクリート平板の位置を決めます。

その位置をスコップで穴を掘ります。

掘った穴を踏み固めます。基礎は土を踏み固めることから。ダンパーが無ければ、自分でジャンプ!

踏み固めた穴に砂利と砂を入れます。

今回は穴を11カ所掘りました。

そこへコンクリート平板を水平器で水平をとりながら置いていきます。

木材を設計図通りにカットします。丸のこガイドがあると、とても便利で安全。

一番下の材はACQ材(防腐加工材)を使って土台の枠を作ります。





その上に2×4材を重ねるようにネジ留めします。

枠の内側にACQ材(防腐加工材)をとめます。斜めにネジを打ち込む方法もあります。





にゃんこ先生、鋭い眼差しで監視中





ACQ材に2×4を重ねます。

柱を建てる

専用の金具を使って柱を建てます。  柱が建つとこんな感じ。















屋根の骨組みを組んでいきます。ちょっと凝った作りに見えますが、専用の金具なので意外と組立は楽々。





前後のアーチに2×4材を金具通りにとめていきます。入りづらいところはハンマーで叩いていれていきます。

屋根と後方部分ができた所。

屋根の骨組みに構造用合板をネジで留めていきます。
高所作業は安全に注意して慎重に作業しましょう。

ドア枠の組立です。

壁をとめていきます。

下側の屋根もとめていきます。

現物合わせで細かい壁部分も合板をカットしながらとめます。
小屋の形にはなったかな?

ドアは廃材をリメイク!いろんな作り方があるので、自分風にアレンジを。

完成

見事にはまりました!
複雑そうな形に見えますが、専用の金具を使っているので意外と組立は楽々です。
材料をはめる位置もネジをとめる位置も金具が教えてくれます。
骨組みのカットは直線カットのみ!

材料が大きいのでDIY仲間の助けが必要ですが、皆で手伝いあっておそろいの小屋作りもいいですね。壁の色やドアで雰囲気が変わるので小屋訪問も楽しめます。

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!