スタイリッシュなリビングに!壁掛けテレビのDIY

壁のリフォーム

やり方

必要なもの

資材

共通

  • ネジ テレビ台の固定と壁埋め
  • テレビ壁掛け金具

電源位置の変更

  • パテ
  • 接着剤

塗装を行う

  • ペンキ
  • ハケ

工具

共通

  • 電動ドリル
  • メジャー
  • 水平器

塗装を行う

  • サンダー テレビ台を研磨するのに使用。

ケーブルを壁裏に通す

  • コアドリル

最初の状態

動画ではこの状態から壁掛け、コンセント位置の変更、テレビ台の塗装を行います。

準備

まずは現状のテレビ台を動かします。本やAV機器など、コードを外してどかしましょう。

電源カバーの位置を変える

電源カバーの位置を変えます。

電源カバーを外します。

新しく電源カバーを設置する壁の部分を電源カバーのサイズの通り切り抜きます。

ここで、新しく繰り抜いた壁材(以下、くり抜き材)を一部をもとの電源の位置にできた穴の補修に使っていきます。

くり抜き材

穴の内側からくり抜き材を支えるために、穴より少し小さいの木材(以下、支え材)を利用します。
壁材に対して支え材を横向き(動画の通り)に設置するなら、木材の長さを穴の横幅より大きくして、木材の幅を穴の縦より小さくすれば支え材を穴に入れて、裏から止めることができます。
大きさは接着剤を塗る前に穴に通して確認しましょう。





支え材の中心部のネジで裏側からくり抜き材を支えます。

壁の裏側に対して支え材を接着させるため、パテを使っています。基本的に壁用ボンドなら適用できるかと思います。
パテを支え材の両端に塗りました。

そして支え材を壁の裏側に入れます。

余白の部分をネジ止めします。これは仮止めです。

中心部のネジの高さを調整して・・・

はめ込みました。仮止めしたネジは外してください。

最後に壁用補修剤(パテ)で隙間を埋めます。

テレビ台を用意する

今回は用意した木製テレビ台を白く塗装します。そのためあらかじめサンダーで表面を荒らし、ペンキののりをよくしています。

塗装します。

壁掛け用の金具を準備する

テレビ壁掛け金具です。

壁のちょうどいい高さを測っています。

目印を入れます。

金具を設置します。

水平器を使って金具が水平に固定されているか確認しましょう。

コンセントのケーブルを通す穴を開ける

コアドリルを使って、ホール状に繰り抜きます。下の穴はテレビ台で隠し、上の穴はテレビ本体で隠すことにします。穴の位置に気をつけましょう。

繰り抜いた穴にケーブルを通します。

設置

金具にテレビを固定させますが、この作業はテレビを持ちながら連結させるのがやっかいなので、誰かに協力してもらいましょう。

あとは下のケーブルの穴を隠すようにテレビ台を置けば完成です!

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

¥ 8,468prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!