DIYで挑戦♪腰壁でおしゃれな壁に大変身!

壁のリフォーム

腰壁を貼ろう

腰壁とは?

壁面に個性的なアクセントを生み出し、住空間をより上質に演出する腰壁。 高さ方向のカット不要の簡単施工、丸型手すりの設置も可能で、満足度の高い贅沢な空間演出が容易に可能です。

腰壁 | 内装壁材 | WOODONE

必要なもの

資材

  • ベニヤ板(5ミリ厚)
  • 水性ペンキ
  • ヒノキ(横板として使用。他の種類でもOK)

工具

  • ローラーバケ
  • メジャー
  • 水平器

養生する

床に養生のためシートを敷きます。

あとで壁の下地部分をペンキで塗るので、壁際を入念にマスキングしましょう。

測定する

腰壁が高さ何cmまで必要か、部屋の感じを見ながら調整します。

だいたいの高さが決まったら、その高さに合わせて目印をつけます。
水平器の機能がついたメジャーがあると便利です。

下地を仕上げの色に塗る

目印に沿ってマスキングします。

下半分をローラーバケを使って塗装します。
詳しくは壁にペンキを塗る方法の解説 も参照してください。

下半分を塗りました。これだけでもだいぶ印象がよくなりますね!

必要な板のサイズを計測する

先ほどは高さを計測したので、今度は横幅をメジャーで測ります。

必要な各面それぞれを測ります。

木材を切り出す

腰板として使用する木材を切り出します。ホームセンターによっては必要なサイズを伝えればカットしてもらえるので、積極的に利用しましょう。

木材を正確に直角に切り出すのは素人には意外と難しいです。

貼り付け。細かいパーツは先に塗る

横板や、小さいパーツは先に塗装してしまい、貼り付けます。

大きい板を貼る

釘打ちを使って大きい板を下地に打ち付けます。

釘打ち機でなくとももちろん構いませんし、釘に比べれば多少耐久性に劣りますが強度の強い両面テープを使うことも可能です。

スイッチ部分は先にサイズを測って切り抜きます。

貼り付けた板にペンキを塗る

その他の板を貼っていく

腰板の上部に横板を同様に貼り付けます。

次に腰板の横部分、および中部の縦の板を貼っていきます。

間隔をメジャーで測り、均等になるようにしましょう。

コーキング

木材と木材の隙間を埋めるため、コーキング処理をします。

コーキングとは、建築物において、気密性や防水性のために施工される隙間を目地材などでふさぐ(充填する)事です。また、その材料であるパテなどを充填材・コーキング材・コーキング剤・または単にコーキングと呼びます。

コーキングとシーリング 用途別!接着剤からコーキング・シーリングまでの全てを教えます!

補修剤ですが、色がペンキの色と異なると目立ってしまいます。ペンキと同系統の色か、透明のものを使用しましょう。

最後に触って隙間ができていないか確認します。

完成!

完成です。
必要な資材・工具も少なく、中には腰壁用のDIYセットもあるので初心者でも比較的簡単にDIYできますね。

[asics working(アシックスワーキング) (ASIET)] 安全/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

[asics working(アシックスワーキング) (ASIET)] 安全/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

¥ 7,938prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!