【連載】廃墟でDIY始めました〜(その1)1F解体編〜

壁のリフォーム フローリング 大家さん向け

 

1.はじめに

このコラムは、筆者が廃墟を購入し、1人で理想の家にリノベーションする様子を記録したものです。現在進行形で、仕事の合間に作業しており、随時更新予定です。作り方も含めて連載していきますので、皆さんの理想の家作りのお役に建てれば幸いです。
 

2.問題点

廃墟は長い間、人が住んでいなかったので、問題は山積みです。

問題1:50段の階段の上の物件

階段上の物件は、作業し始めるまでも大変です。材料運びだけで丸一日かかる日もあります。
 
でも、その代わり、2階の窓からはが見えます。高台なので、空も広く、気持ちのいい風が吹き抜けます。
 

問題点2:かなり補修が必要

は腐り、も抜けていたり、配水管が破損し、漏水していたりするので、かなり補修が必要です。

問題点3:全くお洒落とは言えないデザイン

前の住人の持ち物も残っており、古民家とも言えない、「ただの古い家」状態です。この家を「古くて素敵な家」に作り替えていこうと考えています。
 

3.廃墟再生のルール

廃墟再生にあたり、下記のルールを決めました。

ルール1:資格が必要な箇所は専門業者に依頼する

大工左官タイル等の基本の家作りは全て自分で行います。 ただし、電気工事水道工事は資格が必要なため、専門業者に依頼します。

ルール2:構造に関わる部分は依頼する

構造に関わる重要な部分は、ベテランの大工に作業を依頼します。

ルール3:リノベーション予算は300万円以内とする

専門業者への支払い、材料費の合計は300万円以内とします。 ※道具代は含む、私の人工は経費に含めないものとします。

ルール4:人に貸せる状態にする

「自分で住む」ことを想定すると、作りが甘くなりかねないため、あくまで人に貸せる状態の構造・デザインを目指します。

4.間取り図(1階)

購入時

おおよその間取り図は下記の通りです。
 

完成時

壁で非常に圧迫感があるため、壁を取払います。
 

5.解体(リビング)

この方向から見た解体の様子を写真でご紹介します。
 

BEFORE : 購入時(リビング)

かなり圧迫感を感じます。
 

AFTER1 : 間仕切り壁 解体後

キッチンリビングの間の間仕切り壁を取り払います。
 

AFTER2 : 床 解体後

リビングの床は、現状、抜けている箇所はありませんでした。しかし、当時の工法では根太(ねだ)が細く、また経年劣化により、床鳴りがする状態でした。そこで、根太の補強を行う必要があると判断し、床板は取り外しました。
 

6.解体(キッチン)

次は、この方向から見た解体の様子です。
 

BEFORE : 購入時(キッチン)

購入時は、古い既製品キッチンがついていました。
 

AFTER1 : キッチン・床下収納 解体後

キッチン床下収納も全て手作業で外します。
 

AFTER2 : 床板取り外し後

床板は、丸ノコも使用しながら、外していきます。
 
床は抜けている箇所配管が破損している箇所があるため、床板だけでなく、根太大引(おおびき)も外します。

7.解体に使用した道具

バール

バールには、大・中・小3種類の大きさがあり、通常「バール」と言ったらこの中バールを指します。てこの原理で利用するため、女性でも容易に扱うことができます。玄翁(げんのう)と併せて使用します。

大バール

大バールの方が、中(通常サイズの)バールよりも、大きい分、力がかかり易いつくりになっています。解体を行う際には必須の道具といえます。

小バール

大まかな解体を行った後、から出ている等を抜く際に使用します。解体ではさほど使用頻度は多くありませんが、造作の際は3種類の中で最も使用頻度の高いバールです。

丸ノコ

床板を外す際は、正直バールだけでは厳しいです。丸ノコの使用をお勧めします。ただし、解体時の丸ノコ使用は最も怪我の原因となり易いため、十分注意して使用してください。また、解体丸ノコを使用すると、すぐにが傷むため、通常使用で古くなったを取っておいて、解体用に使用すると良いでしょう。

8.道具に関する参考記事

【初心者大工必見】道具はこの順番で揃える!〜手動工具編

大工になって少し経つと「自分の道具を揃えたい」と誰しもが思うはず。でも一気に揃えるほどお金はないし・・。そんな時にはこの順番で揃えるのがお勧め。今回は手動工具編。最近独立を果たした大工がこれまでの経験から書いていきます。

【初心者大工必見】道具はこの順番で揃える!〜手動工具編
2016/11/24 06:47

【初心者大工必見】道具はこの順番で揃える!〜電動工具編

大工になって少し経つと「自分の道具を揃えたい」と誰しもが思うはず。でも一気に揃えるほどお金はないし・・。そんな時にはこの順番で揃えるのがお勧め。今回は電動工具編。最近独立を果たした大工がこれまでの経験から書いていきます。

【初心者大工必見】道具はこの順番で揃える!〜電動工具編
2017/02/23 08:14

【のこぎりガイド決定版!】電動のこぎり3種類を徹底解説

丸のこ、スライド、ジグソー、これらを上手く使い分けられれば、幅広い造作ができます。しかし、的確な使い分けをしていないと、道具の短命化や、怪我の原因にもなります。今回は道具の使い分けについて説明します。

【のこぎりガイド決定版!】電動のこぎり3種類を徹底解説
2017/02/05 05:44

9.最後に

解体は、体力的にも衛生的にも大変な作業です。下記の点には特に注意して作業しましょう。
ざっくり言うと
  • 防塵マスクを着用する
  • 長袖を着用して作業し、軍手も必ず着用する
  • 丸ノコ使用時は必要以上に刃を出さない
  • 丸ノコ使用時は釘を切らないよう十分注意する
  • 丸ノコの後ろには立たないように注意する
  • 安全に注意し、適宜休憩を取りながら作業する

9.次回予告

次回は、解体した1階に、床を作っていきます。床がどうできているかや、床の作り方を交えてご紹介していきます。どうぞお楽しみに!

執筆者

,
一人親方として大工仕事を行う傍ら、廃墟を購入し住み込んで理想の家を作るなどしている。
[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ® FCP106 9009ブラック/オレンジポップ 25.5

[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ® FCP106 9009ブラック/オレンジポップ 25.5

¥ 8,272prime
人生が変わるリフォームの教科書 片づけなくても片づく住まいに

人生が変わるリフォームの教科書 片づけなくても片づく住まいに

¥ 1,728prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!