ウッドデッキ施工の解説前半束石の設置

エクステリア(庭・外構・舗装)のリフォーム

今回はウッドデッキの取付施工を取材しました。今回扱っているのはDIY用のものなので、頑張れば個人の方でも材料を入手・施工するのは可能です。ただしデッキを水平にする方法や高さの調整などの点でプロでないと難しい点もあります。
part1ではデッキの土台となる束石を固定するところまで紹介します。

今回は東京・埼玉を中心に総合リフォームを行っているエル・リフォームさまのご協力で現場を取材しました。

※取材にあたり掲載料・取材費等のやり取りは一切ありません。

施工前の状況

壁際に花壇がありますが、それ以外は庭土が敷いてあるだけです。

このような庭のリフォームでは芝を敷いたり砂利を敷き詰めたり、雑草が気になる場合はレンガ敷きの庭にするのが好まれるようです。

掃き出し窓から地面までの段差が少し高かったのでウッドデッキを設置することで室内から庭に段差なく出入りを可能とし、庭のスペースを有効利用できます
一方で、今回使っている建材は木材に合成樹脂を混ぜたものですが普通の木材を使うと経年劣化で4,5年経つと日焼けして木が色あせてくる(白っぽくなる)などのデメリットもあるので、施主の方はこだわりたいポイントや外観の兼ね合いからエクステリアのリフォームを選んでいくと良いでしょう。

準備・材料

施工の注意

今回はDIYでも使えるウッドデッキのキットを使用しています。ただしDIY用とはいえ、やはり傍目から見て施工は難しいものです。もともと趣味で日曜大工をやっていたり多少知識のある方でないと施工は厳しいかもしれません

資材

ウッドデッキのキット

このような木材と合成樹脂を混ぜたものを使用します。天然の木材ではないですが、防腐効果が高いです。ずいぶん量がありますがこのあとのフェンス施工のものを含まれています。

ピンコロ

ウッドデッキの束石です。通称ピンコロといいます。地面にこれを置いてその上にウッドデッキが乗っかります。

その他に束石を固定するセメントが必要です。

工具など

レーザーの水平器

今回印象的だったのがこのレーザーの水平器です。これは束石の上に置くウッドデッキの柱の高さを水平・一定にするために使います。

あとは電ドラ、丸ノコなどおなじみの工具ももちろん用意します。

庭の清掃、レンガの撤去

レンガの撤去

まず今ある花壇を撤去し地面を均します。雑草が生えている場合は抜き取ります。

束石の配置

地面に束石(ピンコロ)を配置します。束石を地面にセメントで固定し、それが土台となって上にウッドデッキが乗ります。したがって基本的に等間隔・平行・垂直に配置されるよう長さを図ります。

木材で

適当な木材で束石の配置計画を立てています。

穴を掘る

スコップで束石が沈み込む分だけ土を掘り返します。だいたい5cmくらいの深さを掘っています。
このくぼみに後でセメントを流し込むので、束石よりも一回り大きく掘ります。

ピンコロを置く

あとは砂利をくぼみに軽く敷いて、その上に束石を配置します。
この砂利の上にセメントをかぶせることで、束石が地面から動かなくなります。

等間隔に

束石が等間隔かを計りながら、同時に水平になっているか(極端にブロックが曲がっていないか)チェックします。

なお、このブロック自体を水平に配置することはかなり難しいのでこの上に来る木材の高さを微調整することで最終的に水平にします。

モルタルを作る

次にブロックが地面から動かないようにモルタルで支えます。まずはセメントに水を混ぜます。

撹拌機で混ぜる

水・セメントを段階的に合わせていきます。
ダマができないように容器の端まで混ぜます。

セメント25kg(一袋)を容器に入れ、水を少し混ぜて撹拌機で混ぜます。ドロドロになったら川砂3袋を3回にわけて混ぜ、途中水が足りなくなったら少しずつ継ぎ足します。

このくらいの粘度に

このぐらいの粘度になればOKです。使用する量は束石9つでもこのぐらいの量になるので、思ったよりも多い印象です。

モルタルを流し込む

シャベルなどで

シャベルなどを使ってピンコロの周囲にモルタルを流し込みます。
少ないとピンコロを支える強度が弱くなりますし掘った土より多くしてもダメです。

コテで仕上げる

コテでモルタルをある程度均して均等に詰まるようにして表面を平らにしておきます。

水平器

水平器でピンコロの水平を確認します。

この作業を9つの束石すべてで行います。

防草シートを敷く

ウッドデッキ下に雑草が生えないように防草シートを敷きます。これは日光を通さず光合成を抑制するだけなので薬品や化学物質を使わないで済みます。

束石が露出するように

束石の位置でカッターで防草シートを切ります。

束石の設置まで完了

束石が出る

これで束石の準備は完了です。
モルタルは半日から一日置いて乾燥させたほうが良いです。ここまでの作業でもけっこう時間がかかるので、日が遅ければそのまま翌日に作業したほうがいいでしょう。

では次回から束石の上に構造木をのせてウッドデッキを組み立てていきます。

後編はこちら!

ウッドデッキ施工の解説 後編 束柱・大引・根太の構造を作る

ウッドデッキ取付施工、解説の後半です。前回までで束石を地面に固定したので今回はその上に構造部である束柱・大引・根太などの構造を組んでいきウッドデッキを完成させます。

ウッドデッキ施工の解説 後編 束柱・大引・根太の構造を作る
2015/11/15 16:01

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!