ウォシュレットの設置方法DIYでできる取り付け方を紹介

トイレのリフォーム 設備の取り付け 大家さん向け

ウォシュレットを取り付ける方法を解説します。大きな流れとしては給水管を取り外して分岐栓を付け、ウォシュレット側とタンク側に配線します。タンクにフレキシブル管(フレキ管)という折れ曲がる鉄パイプを付ける方法も紹介します。

作業の前に

構造の把握

トイレの構造

取り付け後のトイレの構造です。分岐金具から水がタンク側とウォシュレット側に流れるようにします。

作業準備

扉を外す

扉を外すと作業がし易いので簡単に外せるなら外しましょう。

水道の元栓を閉める

水回りの施工全般に言えますが最も注意しなければいけないのが水漏れです。作業中にステップを間違えて水が吹きこぼれたりすると面倒なので、確実に水を止めて作業します。

右回りに閉める

水道の元栓を閉めます。右回り(時計回り)に固く限界まで回してください。

この元栓に限らずほとんどは右回り(時計回り)で閉まり、左回り(反時計回り)で開きます

元栓はマンションの場合玄関付近の扉にガスのメーター等と一緒に入ってることが多く、戸建て住宅なら外の路面にあるフタを開いて確認して下さい。

作業前に水道が止まったか、キッチンの流しなどで確認したほうがいいでしょう。

トイレ脇の止水栓を閉める

元栓を閉めたので水は出ませんが、念のためトイレ脇の止水栓も閉めます。

トイレの止水栓を閉める

マイナスドライバーを使って右回りに閉めます。

設置作業

便座を取り外す

今設置されている便座を外します。便座は便器に対して下からパーツで止めてあります。下から手で取り付け器具を外します。

手で外す

プラスチック製のナットのようなもので固定されていることが多く、手で容易に外れます。

固定器具を外せば上にすぽっと抜けるはずです。

汚れを落とす

長年の汚れが溜まっていると思うので便器の上部を軽く拭き取っておきます。

給水管を外す

タンクレスでない限りトイレタンクには給水管という金属のパイプで水を送っています。ウォシュレットは本体に水を必要とするのでこのパイプを枝分かれさせてウォシュレットに配線します。

レンチで左回りに

給水管を外す際はレンチで上から見て左回りにします。

次にタンクと給水管のボルトを外します。

固いとき

タンクのボルトが固いときはタンクの蓋を外し、内側から金具を押さえます。

給水管を外し終えた

給水管を外し終えました。
外す際には水が出るので雑巾を下に敷きます。

分岐金具の取り付け

壁に給水管または金具が残っています。これに2方向に水流を分ける分岐金具を取り付けます。

パッキンを

必ずゴムパッキンを挟んでください

上からレンチで

手で回して付けてから、レンチできつく締め上げます。
これは壁に水栓がついているタイプですが、床から栓が伸びているものとあまり変わりません。

給水ホースの取り付け

分岐金具を付けたら再びタンクに水を流すためのホースを付けます。これは製品に付属しているホース状のものと、フレキシブル管と呼ばれる曲げられる給水管の2つのケースがあります。

ホースの取り付け

ホースタイプ

これが給水ホースです。分岐金具につけてレンチで固定します。

タンクに

そのままタンクに同じようにつけるだけです。

フレキシブル管の取り付け

フレキシブル管(フレキ管)は折れ曲がる給水管です。これはカットして長さを調整できますが、多少長くても問題がないのと、カットはけっこう難しく経験があまりないと失敗するので今回は調整しません。

片方に取り付ける

分岐金具にフレキ管を仮止めします。この状態でぐーっと力を込めて曲げます。

本締め

曲げて位置を合わせたら本締めします。緩いと水漏れするのでレンチでしっかり締めます。

ウォシュレットに給水ホースを付ける

次に分岐金具とウォシュレット本体をつなげます。

ホースをつなぐ

このホースは金具ではなくプラスチックのボルトなので手で締めます。
プラスチックはきつく締めすぎても壊れるので注意です。

ホースを取り付け

台座の取り付け

便器に台座を固定します。付属の部品があるのでこれを便器に取り付けます。

台座のパーツ取り付け

このようなプラスチック製の部品を便器の穴2ヶ所に差し込みます。

下から閉める

上から伸びた棒に下からボルトで締めます。
便座をつけてから位置の調整をするのでここでは多少グラつく程度でも構いません。

上から差し込む

便座と台座パーツを合わせて取り付け位置に問題がないか確認して下さい。

締め上げる

位置が問題なければそのまま本締めします。
メーカーによってはこのような筒状の取り付け器具がついてくるのでこれで締め上げます。

動作確認

これで本体の設置はだいたい終わったので、コンセントを差してから通水して動作を確認します。

アースも

コンセントが反対側に来るときは便器の後ろをくぐします。
アース線がついてることも多いので、アースは必ずつないでください。

通水する

水道元栓を開き、トイレの止水栓も開放します。
開放はどちらも右回りです。

動作確認

ウォシュレットは座らないと出ませんが、便座を手で押して体重がかかれば作動します。
ビニール袋などを用意して水が出てもいいようにして確認しましょう。

まとめ

ステップを着実にこなせば決して難しくない施工です。トイレ側で分岐栓が取り付けられるパイプがなかったり、水道の元栓の場所等に個別的な違いがあるかと思います。

[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ® FCP106 9009ブラック/オレンジポップ 25.5

[アシックスワーキング] 安全靴 作業靴 ウィンジョブ® FCP106 9009ブラック/オレンジポップ 25.5

¥ 8,298prime
人生が変わるリフォームの教科書 片づけなくても片づく住まいに

人生が変わるリフォームの教科書 片づけなくても片づく住まいに

¥ 1,728prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!