第8回入隅を巻いて2枚目をあい裁ちでつなげる

クロスの貼り替え方 基本編

第8回は今まで解説した知識を使って壁を貼ります。まず右側の壁からですが、これは入隅を1枚で巻いた貼り方を、続いて2枚目は下敷きテープを使って重ね切りしていきます。

入隅を巻いて貼る

巻く方法と切る方法を2つをやって説明したいので、最初のクロスは右から入隅で巻いて1枚で貼る方法で貼ってみます。

右側から押さえる

右側の縦1mを基準としてしっかり貼ります。1mがきっちり貼れればあとは下まで貼っても曲がりません。

少し弛ませる

左のほうは横から中心にかけて少し力を加えてシワをわざと作ります。
なぜならすでにピンと貼った状態だと入隅に入り込む余裕がないからです。

下まで貼る

下まで貼る

左の面はそのままで、しゃがんで下まで貼ります。
撫刷毛で右の壁のエアを下方向に抜いていきます。

真ん中で押さえる

地ベラを使って真ん中で押さえます。地ベラの角を立てて押さえると破けるので注意します。
ここで入念に角を出さないと張り終わった後、時間が経つにつれてどんどん角が丸くなってしまいます。

シワが残ったとき

このようにシワが残ったときは角(入隅)の線が曲がっているということです。

下半分くらいをいったん起こして、位置を決め直します。

先ほど左にできたシワを入隅の位置を決め直したことで右のほうにも分散させます。
寄ったシワの位置を修正して分散させるという感覚です。
ただし入隅の曲がりがひどくシワが解消しづらい時は入隅で切ったほうが無難でしょう。

左の壁

左の面

右の壁をだいたい貼ったら先ほど弛ませていた左を起こしてシワを中央から外(左)に逃します。

角ベラで角を折りたたむ&しごく

角ベラ

天井同様角ベラで隅をしごいて角でクロスをきっちり折りたたみます。

地ベラで切る

廻り縁に合わせて地ベラを当てて切ります。

今回は厚ベラで

今回廻り縁に対しては厚ベラを当てて切りました。

あえて端を残す

これは必須ではないですがあえて次に貼るクロスとぶつかるほうの端だけ微妙にクロスを残しました。
この理由は後で説明します。

厚ベラと薄ベラ、どっちを使う?

なぜ厚ベラと薄ベラを気にするのでしょうか? 簡単な実験をしたのでこの写真を見てください。

薄ベラで切ったとき

この縁は薄ベラで切りました。これでも駄目ではないのですが、微妙に切り口の厚みが小さい分、不揃いに見えます。

厚ベラで切ったとき

厚ベラで切った

厚ベラで切ると1.2mmとか1.5mmのような厚みが残って薄ベラよりもしっかりめくれて見えるので仕上がりの線が一直線に見えます。

例えば廻り縁と壁の間にかすかに隙間があると、隙間が見えた状態だとクロスの端が波打って見えることがあります。これは廻り縁が明るい色の木材だと特に目立つので、厚ベラで切って被せたほうがいいのです。

空気が目立つとき

エアが目立つ

シワを抜いたはずなのに空気が丸く目立つことがあります。

これは今貼ったクロスがシワになったりしたわけではなくもともと貼ってあった下紙が糊の水分を吸って浮き上がってきたために起こる現象です。ローラーをかけておけば乾いたときに目立たなくなります。
乾いた後でも浮いてしまったときは下紙から浮いてきているわけなので注射器で糊を注入します。

糊を落とす

糊を拭き取る

布で切り口にたまった糊を拭き取ります。ぬめりがなくなるまで入念に拭いてください。

2枚目を重ね切りしてつなげる

次の2枚目は今貼った1枚目に対して重ね切り(あい裁ち、重ね貼り等)でつなげていきたいと思います。本来なら突き付けで貼れますが、あくまで練習用なので両方のジョイントを実演します。

下敷きテープを入れる

のり付け機械で同時に下敷きテープもつけられます。貼ったクロスの横で長さをとって、十分足りる長さで切っておきます。

下敷きテープを入れる

貼ってあるクロスの左端を一度押さえて(ピタッと貼って)から軽くめくります。
あとはクロスの耳を避けてシワができないようにピッタリと貼ります。

下敷きテープを入れずに切る人もいますが、貼ったときは気づかなくても日が経つと下の紙まで切ってしまったがために継ぎ目が目立ってきます。

カットテープのついた2枚目を重ねる

このカットテープは先に貼ってある1枚目の表面に糊をつけない役割があります。
耳を避けてちょうどいい位置で押さえます。

重ね切りの位置決め

クロス同士の重なり面が小さく耳が残ったりしてはいけません。
難しければ多少多めに重ねます。

中からしごく

全体的に貼ったらクロスの真ん中から撫刷毛でシワを伸ばします。

しっかり貼れたら上下の縁を角ベラでしごきます。

重なりを切る

重なりを切ります。このとき何度も言うように下敷きテープを切ってはいけません。下敷きテープは下地を保護するためのもので、重ね切りしたときにカッターが下敷きテープに到達したときに音や手応えでそれを知らせるものです。下敷きテープを切らず表面に重なった2枚だけを切ります。

切るときは端から5mmとか1cmとか自分で見て地ベラを動かしたときに線が曲がらないよう気をつけます(けっこう難しいです)。

重なりを切る

ものによりますが下敷きテープに刃が当たったときにカタカタカタ…という音がします。
テープごと切ると音が変わります。

カットテープ、切れ端を剥がす

切った後貼っているクロス(左側)の切れ端・カットテープを取ったら一度起こしてすでに貼ってあるクロス(右側)の切れ端と下敷きテープを抜き取ります。

これでこのクロスはそのまま継ぎ目を合わせれば綺麗に合致するわけなので、このあと剥がして位置を変えたりしてはいけません。

継ぎ目を合わせる

あとは継ぎ目を合わせますが、継ぎ目を合わせる上で一番注意しなければいけないのは継ぎ目が重なって段にならないようにすることです。

継ぎ目を沈めていく

指で適当な間隔で合わせて沈み込ませていきます。

ローラーでしごく

ローラーでしごきます。

このローラーには継ぎ目同士を圧着して位置を押さえるという意味もありますが、クロスの糊が縁から逃げることで継ぎ目部分の糊が必要最小限の薄さになります。すると継ぎ目から乾くので後から継ぎ目が割れづらいのです。
これが逆に継ぎ目が乾く前にクロスの真ん中のほうが乾いていくと乾くときに材料が縮むので継ぎ目が動いて結果的に割れてしまいます。

触診

最後に手で触って重なっていないか確認します。

重なっていれば一度継ぎ目を開くように力を加えてクロスを下ろした後、再び継ぎ目を閉じるように力を加えて戻します。

地ベラで上下を切る

あとは地ベラで上下の余ったクロスを切ります。
始めに貼ったクロスは端をあえて残していたと思いますが、このときに一緒に切り落せば段差になりません。

地ベラで切った線の段差

厚ベラで切ってめくれている部分がクロスごとにごくわずかでもずれていると線に段差ができて見えます。
これも線が揃っていたほうが仕上がりがよく見えるので段差を作らないようにします。

段差ができたときは…

地ベラを当てるとよく分かりますが、地ベラで押さえた部分で白いクロスの線が見えたり見えなかったりしています。
線が揃ってないということなので、地ベラで隠れていない部分はカッターで切ります。

地ベラで切る

1mm以下の非常に細いカットなのでカッターの刃先を起こして調整してください。

まとめ

今まで解説した基本を応用して壁に2枚のクロスを貼りました。厚ベラと薄ベラの使い分けや0.1mmレベルで同じ幅でめくれている仕上がりは本業の職人でも仕事に差が出る部分です。何度か練習してみてください。

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

¥ 7,800prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!