クロスの剥がし方と下地処理の方法を解説

クロスの貼り替え方 基本編

クロスの貼り替えを解説しています。今回は剥がしと下地処理についてです。パテの処理が甘いとクロスを貼ったとき、表面に微妙な線や凹み、段差ができてしまいます。

今回使っている道具

  • カッター 中刃・小刃などサイズを用意するとベスト
  • スクレイパー クロスが剥がしにくいときに便利
  • パテ板 パテを取り出して乗せます
  • パテベラ 大小の2つを用意すると良い
  • 水性増改用パテ 今回は一種類のパテしか使いませんが用途に合わせ複数使い分けます

クロスを剥がす

これからクロスを剥がしていきます。剥がしづらい時にクロスを剥がさずに上からパテ処理して貼っていくこともありますが、貼り替えでは剥がすのが基本です

剥がす前に1枚大きな紙を用意して床に敷いて、この上に剥がしたクロスを乗せていくことをオススメします。

継ぎ目を見つける

継ぎ目を見つける

壁に貼ってあるクロスは必ずどこかにクロス同士のジョイント部分(継ぎ目)があります。継ぎ目から剥がすのが基本なのでこれを見つけます。

継ぎ目が見つからないとき

天井や継ぎ目が見つからないときはクロスの表面を切ってそこから剥がします。

カッターで切る

刃を寝かせ、下地とクロスの間に刃先を入れます。下地ごと切ると下地を痛めてしまうので良くありません。

カッターで継ぎ目を起こす

継ぎ目を起こす

カッターの刃先でジョイントを少しずつ起こします。

裏紙が見える

クロスが剥がれて下が見えてきました。白い部分が裏紙、黄色い部分がその下の石膏です。
もともとクロスははがすと裏紙が残るようにできています。剥がして裏紙が綺麗に残せそうなら裏紙はそのままで、なるべく傷つけないようにめくっていきます。

引っ張る

大きく剥がす

めくれた部分をなるべく大きく剥がしていきます。これは比較的剥がしやすい方ですが、ものによってはなかなか剥がれない時はスクレイパーを使うと楽です。

入隅の後処理

次回以降で詳しく説明しますが、入隅はクロスを切ってつなげている場合と1枚のクロスを巻いて貼っている場合があります。

クロスを切ってつなげていた場合

角のゴミを取る

切ってつなげていたとき、剥がしたあとで入隅の隙間にコーキングや細かいクロスのゴミが残っています。これをそのままにすると新しく貼ったクロスの入隅が綺麗に見えないので、ゴミやコーキングをカッターで切ってそぎ落としてください。

クロスを1枚で巻いて貼っていた場合

1枚で巻いていた場合

写真では見にくいですが、これは1枚で巻いていたクロスの表面を剥がし裏紙を残した状態です。巻いていればコーキングや細かなゴミが残ることはないですが、裏紙ごと少し入隅で浮いて丸くなっていることがあります。
その場合角ベラで裏紙を押し付けたり、隅だけ切ります。

剥がしたクロスの処分

始めに大きい紙を1枚敷いておくことを推奨しましたが、そうしておけば片付けるとき下の紙を丸めていくだけでゴミがコンパクトになります。闇雲にゴミ袋に入れていくとかさばって体積が大きくなるので、小さく丸めてからゴミ袋にいれたほうがいいでしょう。

丸めて捨てる

ビニールクロスは事業者は一般ごみとして捨ててはいけません。ただし個人の場合は事業ゴミとして捨てるか、細かく切って一般ごみ(燃えるゴミ)とするか自治体ごとに異なるので自治体ホームページを参照してください。

浮きの確認

裏紙とその下の下地がしっかりくっついているかチェックします。これは以前のクロスを貼ったときに糊付けしているので時間が経って裏紙が下地から分離することがよくあります。

下地から剥離した裏紙の上に新しいクロスを貼ったらどうなるでしょうか? 新しく貼ったクロスが裏紙ごと浮いてしまうのです。それだといくら丁寧にクロスを貼ってもどうしようもないですよね。

そこで、浮き上がった裏紙は部分的に剥がす必要があります。特に下地の石膏ボードの継ぎ目付近が要注意です。ボード継ぎ目はパテで段差が埋めてありますが、パテに対して裏紙の糊の付きが悪いことが多いためです。

手で触る

裏紙で浮いている部分がないか見ています。浮いていたらそのあたりにカッターを入れて、まとめて剥がします。

下地の処理

下地処理とはクロスを貼る前のファンデーションのようなもので、新しいクロスを貼る前に貼付け面を一度まっ平らにするという作業です。仮に壁に穴が合いていたり段差がある状態でクロスを貼ると貼ったあとで表面がボコボコになってしまいます。

均すわけですから亀裂が入っていたら亀裂を治すし、凹んでいたら凹みを埋めます。それぞれの補修用でテープやパテを使い分ける必要があります。

今回は亀裂や穴、溝はないので下地処理がいらないように思えるかもしれません。しかし写真を見てください。

下地処理

裏紙が付いている部分と剥がれて石膏が露出した部分があります。

実はこの裏紙がある部分とない部分の段差にもパテをかける必要があります。裏紙の微妙な段差を埋め、裏紙の端を押さえる2つの意味があります。

それではパテを用意してパテがけしていきます。

水性増改用パテ

クロスの下地処理で使うパテは多くの種類があるのですが、今回は1種類しか使っていません。下地の状態を見てどのパテを使うべきかは職人の経験にもとづいて現場ごとに判断します。クロスのパテに関してはまた別の機会で本格的に解説したいと思います。

水性パテ

この程度の段差であればこういった水性パテをかけるだけで十分です。

袋を切る

容器から取り出すとクリーム状のパテが袋に入っています。袋の先を少し切ります。一度に使い切るわけではないのであまり穴を広げすぎないようにしてください。

パテ板に出す

袋を絞ってパテ板に適量取り出します。取り出したらパテベラで袋の先のパテを絞り出して口を折って容器に戻してください。
容器に入れて暗所に保管しておけばある程度保存できます。

パテベラで塗りつける

パテベラ1

パテベラの扱いには技術が必要なので初めて使うときは扱いが難しいと思います。
パテが落ちてもいいように床を養生しておくとか、パテ板をパテベラの下に常に持ってくるなど、パテベラからパテが落ちてもいいようにしましょう。

パテベラ2

パテベラの片面にパテをつけ、そのまま壁に持ってきて薄く下地が透ける程度に塗れば十分です。
熟練者であればパテベラで均等に仕上げられますが、乾いたあとで表面がボコボコしていたら最後にサンダーで仕上げれば問題ありません。

失敗例

パテを塗ったとき、パテ表面にパテベラで跡を残さないように注意することがポイントです。パテベラの端がパテの表面にあたって線を残すとクロスを貼ったときに微妙な跡が上に浮かんでしまいます。

線が浮き出て見える

パテベラの跡が残ってクロスに微妙な段差ができています。
言われないと気づかないレベルかもしれませんが、下地処理を入念に行えば線は出ないはずです。
クロスの厚みは製品によって異なりますが、薄いクロスほど目立ちます

これで下地処理まで終わりました。次回は必要なクロスを準備するにあたって壁ごとにどのように貼るかの計画を立てていきたいと思います。

[asics working(アシックスワーキング) (ASIET)] 安全/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

[asics working(アシックスワーキング) (ASIET)] 安全/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

¥ 7,938prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!