コンクリートのヒビ割れ・亀裂を補修する

エクステリア(庭・外構・舗装)のリフォーム

コンクリートのヒビ割れ・亀裂を修理する施工を解説しています。クイックレベラーで亀裂の深い部分まで補修材を浸透させた後、アースシールで表面を仕上げていきます。どちらも20分程度で乾燥します。

資材・工具

資材・工具
  • クイックレベラー
  • 養生テープ
  • アースシール
  • スクレーパー
  • ほうき(撫刷毛)
  • 地ベラ

屋外施工では撫刷毛・地ベラなどは汚れるのでクロス施工のものと分けたほうがよいかもしれません。

クイックレベラーとは

室内の床部分、屋外ともに使えて防水性の高いモルタルパテの一種です。クイックレベラーのほうがアースシールに比べ粒子が細かくクラックの深い箇所まで浸透するので、クイックレベラーで亀裂の深い部分まで埋めた後アースシールで仕上げています。

施工直前の不陸部分調整。 目地部分や穴・カケ部への充填。 階段/段鼻の欠損/補修。 その他、急を要するモルタル・コンクリート面への補修/充填。 軽歩行可能時間20分(20℃)。

クイックレベラー | 副資材−テープ・下地補修剤 | フロア総合カタログ | 住まいとインテリア_東リ オンライン

下準備

亀裂の中のゴミや小石を掻きだす

スクレイパーなど先が細くて硬いものを使い間につまっている枯れ葉や小石を取り出します。

ゴミを掻きだす

ゴミをはらう

パテを塗ったときに細かなゴミが混ざってはいけないので適当なハケやほうきで払っておきます。

ゴミをはらう

養生テープを貼る

亀裂部分を囲むように養生テープを貼ります。

養生テープを貼る

クイックレベラーを練る

まずクイックレベラーを水に混ぜて作ります。粉末状のクイックレベラーを適量容器に取り出します。

適量を取り出す

これに少しずつ水を混ぜて粉末が残らず、ある程度の粘り気になるように調整します。とろみが出て水っぽくなったら水の入れすぎです。

水を混ぜる

クイックレベラーを塗る

亀裂部分に今つくったクイックレベラーを流し込むか、ヘラですくって塗ります。

パテ流しこむ

上からヘラで平らにならします。

ヘラで均す

テープを剥がす

塗ったらすぐに養生テープを剥がします。

テープを剥がす

アースシールを塗る

天気、気温によりますが晴れていればクイックレベラーは20~30分程度で乾きます。乾いたら表面にアースシールを塗ります。アースシールもクイックレベラー同様水を混ぜて練ります。

アースシールを練る

上からアースシールを流します。

アースシールを流す

ヘラで均す

先ほどと同じように表面をヘラで均しますが、今度はこれが仕上げになるので極力気泡や凹凸、ヘラの筋が残らないようにします。

ヘラで均す

これであとはアースシールが乾くまで待ちます。アースシールも15分ほどで乾きます。

アースシール塗り終わり

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!