ガラス窓の簡単補修。 割れたガラスの代わりにアクリル板をはめこむ方法

ドア・扉のリフォーム

マンションの廊下に見られるガラス戸の一部のガラスが割れてしまったことはありませんか。気圧差で扉がバタンと閉まった時に衝撃で割れてしまうことがあります。今回は割れたガラスを強度の高いアクリル板に交換しました。 ガラスに比べアクリル板のほうが高価ですが、ガラス屋さんに発注せずにホームセンターで購入できることやガラスのようには割れないことがメリットなので、はめてあったガラスと同じ厚さのアクリル板を用意しました。 ちなみにコスト的には今回1箇所の補修だったのでガラスの場合1000円未満、対してアクリル板だと4000円ほどになりました(といってもアクリル板がけっこう余ったので、全てのガラスを交換する場合ならコスト感も変わってきます)

用意するもの

  • アクリル板
  • プラスチックカッター

割れたガラスを取り外す

ガラスは木の枠によって固定されているのでこの枠を外すことになりますが、基本的には留めてあるビスを外します。ただしコーキングされていたり、古いものだと枠の木が劣化していて損傷しているのでマイナスドライバーを使って枠とガラスの間を開けていくなど、その都度やり方は工夫します。 また、今回の施工ではガラスの交換のあと戸全体にシートを貼り補修する予定があったので多少傷がつく外し方でも問題なかったのですがガラス交換だけの場合は傷を付けないよう注意します。

割れたガラスと同じ大きさのアクリル板を切り出す

場所を確保してアクリル板を平らな場所に置きます。置いたアクリル板の上に割れたガラスを置き、鉛筆で周囲をなぞります。
補助線に合わせて定規を当てプラスチックカッターで少しずつ切っていきます。

プラスチックカッター

アクリル板はプラスチックカッターで切りますが、普通のカッターとくらべて少しずつアクリルを削り取り、溝を作って折り取るようなイメージで使ってください。 片面を切ったら裏返して同じ位置を同様に削っていきます。
もとのガラスの大きさに切り出しました。

切り出したアクリル板をはめ込みながら調整する

ガラスを外した部分にアクリル板をはめ込んでみます。 この時点でサイズに大きな誤差があれば修正します。
下から突き出た釘があったので(おそらくガラスの高さを調整していたものです)、不要なので抜いてしまいます。

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!