【アップサイクル】パレットガーデンで家庭菜園を作る!

花壇を作る、補修する

今、海外のDIYガーデナーに大人気なのがパレット(Pallet)と呼ばれる木材でできた荷役台。工場やトラック、コンテナ、倉庫などで荷役作業を扱いやすくするためのものですが、うまくアップサイクルすると家庭菜園で大活躍します!

工場や大型店舗などで中古のパレットが積み上げられているの、見たことがある方も多いかと思います。お店の人にお願いしたら、使わなくなったパレットや一部が破損していて使い物にならなくなったパレットを、こころよく分けてくれるかもしれません。家庭菜園に使うものなので、新品を用意する必要はありませんが、廃油などの染み込んだものは避けてください。

必要なもの

  • 中古の木製パレット
  • 防草シート
  • 紙やすり
  • ステープルガン
  • 菜園用の土

作り方

 1 パレットに紙やすりをかける

パレットは工業用なので、木のささくれが手に刺さったりしないよう、気になる部分には紙やすりをかけましょう。また、中古のパレットで破損している部分があって危ない場合は、簡単に修理をしておきます。

 2 防草シートを固定する

防草シートを2重か3重に重ね、パレットの裏側にステーブルガンで固定します。

端は重ね折りにしながらステープルガンを細かく打っていきます。土は重さがかなりあるのでしっかり固定します。

4方全て留めます。

 3 土を入れる

パレットをひっくり返し、上面の木枠の隙間から菜園用の土を詰めます。木の下などに隙間ができないよう丁寧に土を入れます。

 4 ハーブ、野菜を植える

パレットに土が入ったら、お好みのハーブや野菜を植えていきます。

日当たりの良い場所に置き、水やりはこまめにしてください。新鮮な野菜やハーブをお楽しみください!

いろいろなアイデア

パレットガーデンはレタスやホウレン草などの、葉物の野菜にぴったりです。雑草が生えにくく水はけも良いので根腐りや虫食いが少なくなります。

虫のつきやすい苺にもおすすめです。

ある程度植物が育って根がはってきたら、フェンスや壁に立てかけることも可能です。家庭菜園のスペースを有効活用できますね。

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!