壁面緑化にDIYでチャレンジ!壁に人工芝を貼る方法

壁のリフォーム

室内壁の壁面緑化の方法を紹介しています。人工芝を使い、少ない工具と資材で緑化しました。ご自宅のリビングはもちろん、オフィスの入り口などにも合いそうですね。

必要な物

  • 人工芝
  • カッターナイフ
  • グラスウール、吸音ボードなどの下地 (芝と壁の間になるもの。ベニヤ板のようなものでも適応可能)
  • ダクトテープ
  • マスキングテープ
  • ネジ (芝とシートを圧着させるため)
  • T定規
  • 電動ドリル
  • メジャー
  • 鉛筆

型紙作り

壁の測定

壁の縦横サイズを計っておきます。ドアまわり等の採寸も正確にしておきましょう。

下地材から型紙を作る

グラスウール、シートなどを型紙にして、その上に人工芝を貼り付けます。したがって壁の大きさに合わせて切り出す必要があります。重ねずに隣り合わせにすることに注意してください。端から壁にテープで仮止めしていきます。

コンセント付近はコンセントカバーに型紙をあててナイフで切り抜きます。このとき壁の底辺に型紙の縁を合わせましょう。

もう1枚使い同様にします。

ダクトテープで、付き合わせたボードを貼り合わせます。
他に壁でスイッチカバーなど突き出た部分などがあるときも同様にくりぬきます。

赤いテープのところがボードののつなぎ目です。これで型紙の完成です。

人工芝を貼る

人工芝を裏返して敷きます。あるいはロール状の人工芝でない場合は、型紙を下にして人工芝を乗せていったほうがやりやすいです。このあたりは各自でやりやすい方法を採用してください。

こんな風にボードと人工芝人工芝の隅を合わせ、完成型を作ります。

ネジ留め

ネジでボードと人工芝を留めます。

ネジ同士の間隔は離れすぎないように気をつけます。

ずれたり、離れたりしないことを確認します。

型紙に合わせて切る

ナイフで型の通りくり抜きます。コンセントカバーのくり抜きは捨てないでください。最後に取り外しできるカバーになります。

取り付け

型通りにくり抜いたら壁に貼り付けます。





ドリルで人工芝を壁に留めていきます。





空いてしまっている部分に人工芝を同様にして付けます。





仕上げ

コンセントカバーの切り抜きを、取り外し可能なカバーとして差込口の周りにテープを貼り接着します。





残った資材の利用方法

バスマット

キッチンマットも♪ 爽やかです!

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

[アシックスワーキング] 安全靴/作業靴 ブラック/オレンジポップ 25.5 cm

¥ 7,844prime

ミライエは職人さんの優れた
施工技術を紹介するサイトです

記事がお役に立てたら
「いいね!」をお願いします!