空き家税金シミュレータ

住宅には土地と建物に対し毎年固定資産税・都市計画税が課せられます。
固定資産税と都市計画税は土地の利用方法(住宅の有無)や家の管理状況によって大きく変動するので、もし住宅を相続した場合に「更地にするか」「建物を活用するか」「空き家にするか」で大きな差が生じます。
このシミュレーションでは住宅に毎年かかる固定資産税・都市計画税の額を更地にした場合、そのまま活用した場合、特定空き家になった場合の3つで算出できます。

実際の計算では前年度の固定資産税額や建物の延べ床面積など、計算に必要な項目がさらにあるため概算値になります。

次の各フォームの必須欄を入力することで結果が表示されます。

万円

金額は半角数字で入力してください。

平米

面積は半角数字で入力してください。

万円

金額は半角数字で入力してください。

%

税率は半角数字で入力してください。

%

税率は半角数字で入力してください。

更地にした場合

売り手が見つからないような土地・建物の場合評価額もかなり低くなり、固定資産税が免税される場合があります。
老朽化した住宅で管理が難しい場合は更地にして土地だけ保有しておくのも選択肢です。

固定資産税 都市計画税
土地 万円 万円 万円
建物 0 0 0
万円 万円 合計万円

建物として活用する場合

建物をそのまま残す選択肢は税金は一番安くなりますが、運用・管理が必要になるので利用する見込みが将来に渡ってあるか長期的な視点で考える必要があります。

固定資産税 都市計画税
土地 万円 万円 万円
建物 万円 万円 万円
万円 万円 合計万円

特定空き家になった場合

特定空き家とは1年間空き家として放置され、管理状況が悪いものに対して自治体が指定するものです。住宅用地に対する固定資産税の減額措置が解除されるため、税額が大幅に上がります。

固定資産税 都市計画税
土地 万円 万円 万円
建物 万円 万円 万円
万円 万円 合計万円