お風呂の床の滑り止め・防寒にオススメです

バスナフローレ

古いお風呂の床はタイルのようにひんやりするものが多いです。冬場は冷たいですし、高齢者が転倒する事故も跡を絶ちません。

しかしお風呂全体をリフォームするのはコストがかかります。そんなときは、滑り止め・保湿・防寒対策に効果抜群のバスナフローレというシートを床に貼るのがオススメです。

Limit 500x 6a503554 08f4 419e a388 83f71a1e09ef

こちらが今回貼るバスナフローレ(バスナシート)です。カラーバリエーションがいくつかあります。

古い床を平らにする

セメントのような材料で古い床を固めて平らにします。

Limit 500x 2b232796 b1d9 4b91 8159 8af67164537c


床タイルに溝などがあっても問題ありません。

Limit 500x 31eb73a0 6699 46e1 b61d f6958a0eeeda


糊を敷く

シートを貼るために床面に糊を敷きます。糊を均一にひくことがポイントです。

Limit 500x 2047fc17 a0b0 4fae 99c5 790f64296df6


シートを上から重ねて隙間がなくなるように指やローラーを使って圧着させます。

Limit 500x 7ddd8aed a097 4b20 bc54 eec383bad8c2

最後にシートの縁にコーキングという接着剤を塗って剥がれを防止します。


Limit 500x b4b8e63e 9412 4e42 a092 e15861ab98af


低コストなのが強みです

美観を考えるとまるごとお風呂を交換してもよいのですが、このように床だけタイルから最新のシートにするだけでだいぶ機能性は高まります。4万円~8万円程度でできる工事ですので高齢の両親のご実家などにプレゼントしても良いでしょう。