キッチン扉の補修を行いました

新規のお客様からキッチン扉の補修依頼をいただきました。

Limit 500x 23fb12ec 5072 41d2 bac9 9da0ce3cc5aa

こちらが依頼があった扉です。キッチンの水気で表面が剥がれてきたようです。
これは設備に備え付けのもので交換することができません。

パテで欠けを補修した後に表面に同系色のシートを貼って補修します。

Limit 500x 081a5c84 bedf 43cc a0af c5c86f1406a9

ポリエステルのパテを硬化剤と練り合わせます。
これを欠けの部分に塗ります。表面が平らになるようヘラをうまく使う必要があります。

乾燥させたあと、サンダーで表面を研磨し均します。

以上の作業を2,3回繰り返します。

Limit 500x 62fa8ddd 1384 4735 94d7 9c67ded6e4ba

触って段差や凹凸を感じる程度ではシートを貼った時に段差が浮き出てしまいます。

Limit 500x 981c20c6 752c 45df aaf7 10234abcc78b

これがシートです。

Limit 500x 345ee999 6694 40ab 8fa4 80b713a5b2af

髪の毛やゴミが入らないよう注意し、空気をうまく逃がしてピッタリ密着させます。

Limit 500x a3d4cdd0 1eb5 4d97 8b52 00bc3ec54b5b

これで完成です。シートは種類が多いので、似たような模様・柄のものがたいてい揃います。

Limit 500x 9ad46d53 6c7e 4a65 b574 96756aa739b4

古くなった設備も交換ではなく工夫して補修することで長く使うことができます。