に公開(に編集)
サムネイル画像

チェーンが切れた!? お風呂のゴム栓のトラブルと交換方法

お風呂の栓のトラブルを解決しましょう

お風呂のお湯が少しずつ減っていく、お風呂のゴム栓の鎖が切れてしまった。こんなときはゴム栓・鎖の交換です。

準備

自宅のヒートンのタイプを確認する

お風呂の鎖部分が連結しているヒートンと呼ばれるパーツのタイプによって、鎖ごと交換するか, ゴム栓部分だけ交換できるか が決まります。

鎖ごと交換しないといけないタイプ

ゴム栓部分だけ交換できるタイプ

なお鎖が切れた場合は下のタイプもヒートンを取り外して鎖から交換することになります。

代替品を購入する

ゴム栓は同じように見えますがメーカーと種類によって形状やサイズが微妙に異なります。確実なのは劣化してしまったご自宅のゴム栓をホームセンターにもっていって店員さんに選んでもらうことです。
商品の梱包自体がゴム栓をはめ込むテスターになっていて、形状とサイズを確認できるものもあります。

取り付ける(ゴム栓のみの場合)

ゴム栓のみの交換の場合は単純です。先端のゴム栓部分をリングから外して、新しいものに取り替えます。

留め具が劣化していると非常に固くなってしまっているので、マイナスドライバーを使ってこじ開けてから取り外すと楽です。

取り外しました。

あとは新しいものをいまのと逆の手順で取り付けるだけです。

ヒートンの取り外し

鎖の交換でヒートン(鎖と風呂の接合部)を取り外す必要がある場合はメーカーの公式サイトを参考にしながらドライバーを使って取り外します。

ヒートンが皿状になっている場合は皿脇のネジを緩めて皿を取り外します。受けの金具に対して新しい鎖をセットし、皿をもとに戻します。

補足

ヒートンの取り外しは製品によって仕様が異なるのでなかなか取り外せないこともあるかと思います。
その場合、不要になった鎖を一部残した状態でペンチで切断し、新しい鎖をボールチェーンコネクタなどで繋ぎ止めるのも手です。

関連記事