に公開
サムネイル画像

【のこぎりガイド決定版!】電動のこぎり3種類を徹底解説

対象読者職人さん

はじめに

丸ノコ、スライド、ジグソー、この3種類を上手く使い分けられるようになれば、一通りの造作はできるようになります。

作業の際は、各工具の特徴を理解し、工具の使い分けをすることで、手際よく作業でき工具を長持ちさせることができます。

今回はどんな時にどの工具を使うかをご紹介します。

電動のこぎり3種とは?

電動鋸には大きく分けて丸ノコ・スライド・ジグソーの3種類があります。
同じ電動のこぎりですが、それぞれ役割が異なります。

丸ノコの特徴・長所・短所

最も汎用性が高く、現場で頻度高く使用されます。
大きな板を切ることも小さな造作を行うこともできます。精度の高い直線を切ることが可能です。

怪我の危険性が高いので取り扱いに注意が必要です。また正確な直線を切るには技能が必要です。大判(1820mm*910mm程度)の板などを切削するのに向いています。

スライドの特徴・長所・短所

作業台に固定された丸ノコです。主に角材を切るときに使用し、その大きさにより最大90〜105角の材料を切れます。
安定して、ほとんど危険性なく使用でき、直線の精度が非常に高いのが特徴です。

切れる材料が限られ、幅30cm程度が限界のため、丸ノコに比べると汎用性は低いです。
角材(柱、大引、根太、壁・天井下地)やフローリングを切るのによく使います。

ジグソー

ジグソーは頑丈な電動糸鋸です。糸鋸ほど繊細な作り込みはできませんが、その分ある程度の強度に対応することができます。

安全性は高いため、DIY等でも気軽に使用することができます。
精度は丸ノコやスライドに比べるとかなり劣り、大きな造作には向きません。
曲線やシンク穴あけなどのちょっとした造作に向いています。

最適な道具の選び方

では、どのシーンでどの道具を使うべきなのでしょうか?
詳細は下記の通りです。

直線と曲線

直線は丸ノコとスライドで切り、曲線はジグソーで切ります。

板と角材

角材はスライド、板材は丸ノコで切ります。
曲線の場合は、角材であれ板材であれジグソーで切ります。
ただし、ジグソーの刃ではあまり幅の広い角材の切断は難しいでしょう。

ここからは、それぞれの材料に合わせて、精度を高く材料を切るための道具と方法の組合せをご紹介します。

直線を切る方法(角材)

角材を真っすぐ切る際は、スライドを使用します。

スライドの使い方

1. まず、角材は端を落としましょう。

長い材料は運搬や保管の際に両端がぶつかり易く、端は傷んでいると考えた方が良いでしょう。

2.スケールで切りたい長さの位置に印をつけます。

※スケールとは、巻尺・メジャー・コンベックスの別名です。

スケールの使い方のアドバイス

スケールで長さを計る際は、角材のかどにスケールのつめ(金具)を引っ掛け、角材の辺に沿わせ、真っすぐ引っ張ります。

スケールのつめは押したり引っ張ったりすることで、1〜2mmの差が生じ、正しく使うことで精度が出るようにできています。

3. ガイドフェンス(赤い部分の金具)にしっかり木材を沿わせ手で押さえます。

4. 2でつけた印に刃を当てて、位置を合わせます。

電源は入れずに刃を当ててください。

5. 木材から刃を離した状態で電源を入れ、木材に刃をつけ、材料を切ります。

これで、簡単に精度高く角材を切ることができます。

直線を切る方法(板材)

板材を真っすぐ切る際は丸ノコを使用します。丸ノコで直線を精度高く切るには慣れが必要です。

ここではとんぼと呼ばれる定規を使用して、初心者でも割と簡単に精度の高く板を切る方法をご紹介します。

丸ノコ・とんぼの使い方

1. 切りたい長さを測り、印をつけます。

2.丸ノコにとんぼを差し込みます。

そして板にとんぼを沿わせ刃を1の印の位置に合わせます。

3. 開いている状態のレバーをしっかりと締めます。

↑レバーが開いている状態

↑レバーを締めた状態

4. とんぼを板にしっかりと沿わせ刃が板に当たらない状態で、電源を入れ丸ノコを前に進めます。

トンボを上手く扱うコツ

この時、とんぼの反対側に力をかけながら、とんぼがぶれないように前に丸ノコを進めるのがポイントです。

また、垂木(たるき)が、板から出ていると、とんぼが引っかかってしまうので、垂木は出ないように板の下に仕舞っておきましょう

曲線を切る方法

曲線を切るにはジグソーを使用します。

ジグソーの使い方

1. 切りたい形に線を引きます。

曲線が得意なジグソーですが、切れる角度としては直径20cmの円径程度が限度です。

 

2.変速ダイヤルは最も弱くしておきます。

特に分厚い材料の場合、変速ダイヤルを強くしていると板に対して刃が直角に動かせず、切り口が斜めになってしまいます
初めのうちは、変速ダイヤルは弱くして使用した方がいいでしょう。

3.刃を振動させる前に一旦刃をあて、位置を確認します。

少しジグソーを後退させ、板とジグソーの隙間を空けてから電源を入れ、線に沿って切っていきましょう。
 






 

4.切り終わったら完成です。

あとは、鉋(かんな)や鑢(やすり)で形を整えましょう。

参考

ジグソーと鉋の詳細な使用方法は下記でご紹介していますので、併せてご覧下さい。

ジグソーの購入のポイントと基本的な使い方

「曲線が切りたい」「細かい造作をしたい」と思うようになったら、ジグソーの出番。手のこや丸のこでは行き届かなかった、細かい作業ができるようになります。今回は、ジグソーを購入する際のポイントや基本的な使い方をご紹介します。

ジグソーの購入のポイントと基本的な使い方
2017/01/29 15:19

新人大工さん必見! かんな(鉋)の使い方と購入のポイントを徹底解説!

大工を始めたら早々に購入したいのがカンナ。 使いこなせるようになれば、面取りや仕上げだけでなく、 例えば「ダボ穴を埋める丸棒を余った材料で削りだす」こともできます。 今回は、購入のポイントと基本的な使用法をご紹介します。

新人大工さん必見! かんな(鉋)の使い方と購入のポイントを徹底解説!
2016/11/25 11:39

安全に使用するために

電動鋸はとても便利な道具ですが、使い方を誤ると非常に危険な一面も持っています。
使用の際は下記の点に気を付けましょう。

安全な工具使用のチェックポイント

  • 材料はしっかりと左手(右利きの場合)で押さえる
  • 工具を切るときは、必ず刃を前に進め、後ろに向かっては切らない
  • 切り始める時は、必ず、材料から刃を離した状態で電源を入れ、材料に刃をあて、切り始める
  • 跳ね返り(前に進め難い状態)を感じたら、すぐに電源を落とし、その原因を確認する
  • 切れ味の良い刃を常に使うようにする。切れ味の悪い刃は、跳ね返りや怪我の原因となるため、古くなったら取り替える
  • 適切な刃を使い、その刃に対応した材料以外は切らないこと。特に解体した材料等を捨てる為に切断する際は、誤って釘等を切らないように注意する
  • 各種レバーをきちんと留めた状態で使用する。工具には、多くの便利な機能がありますが、その分多くの留め具があるため、その全てをきちんと締めた状態で使用するようにする

丸ノコを安全に使うためのチェックポイント

  • 必要以上に刃を出さない。異なる厚みの板を切る際は、必ず刃の出し加減を調整してから使用する
  • 刃の後ろには立たない。万一、跳ね返りがあった際、怪我をしないようにするため

最後に

今回は、基本的な使用方法をご紹介しましたが、
丸ノコやスライドを使って直角以外の角度(5度単位でメモリがついています)で切ったり、
丸ノコ定規を自作すれば、とんぼのように幅を一定にしなくても真っすぐ切れたりします。

まずは、基本的な使用方法をマスターして、徐々にレベルアップしていきましょう。

執筆者 スタジオすむとこ

関連記事