に公開(に編集)
サムネイル画像

畳の手入れ・掃除方法

毎日のお手入れが大事

畳は、イグサという植物の編み物で板をくるんでできた床材です。そのため表面は月日が経つと緑色から色あせて黄色くなっていきます。
表面が劣化していくのは防げないので、一定期間が過ぎたら表の編み物を交換します。これを表替えと言います。

ただし頻繁に表替えしなくとも、日々の生活でしっかり手入れ・掃除をしていれば畳をきれいな状態に保てます。

日々のお手入れ

基本は掃除機とからぶき

にじむような水拭きは、畳には厳禁です。 畳は先ほど言ったように自然素材なので他の建材に比べ防カビ性に優れていません。
掃除機でほこりを払った後、からぶきでツヤを出しましょう。

手入れは畳の目に沿うように

畳には「目」、つまり方向があります(画像横向き)。
掃除機や雑巾をかける際は、この目に沿ってかけるようにしましょう。写真だと左右に拭きます。縦に拭くと表面を傷つけてしまう恐れがあります。

ちょっとした工夫で美しい畳に

ひと手間かけることで、畳をさらに美しく保つことができます。

茶殻を使う

乾燥させたお茶殻を畳にまき、ほうきでやさしく掃くことでツヤが出てきます。古くから伝わる知恵ですね。

米ぬかを使う

木綿布にくるんだ米ぬかで表面をなでることで、米ぬかの油がしみこみ、艶やかさな仕上がりになります。
米ぬかは精米所やお米やさん、スーパーのお米コーナー等で購入することができます。

汚してしまったときの対処法

液体のシミ抜き

お茶やジュースをこぼしてしまうこと、よくありますよね。
そんなときは慌てず騒がず、でも迅速に、次の通りに対処してください。

しみこまないうちに吸い取る

ティッシュやタオルを使って、液体が畳にしみこむ前に吸い取ってしまいましょう。ゴシゴシこするのはNGです。かえってすり込んでしまいます。

食塩をかける

液体を吸い取ったら、食塩をかけましょう。食塩が十分に湿ってきたら、使用済みの歯ブラシなどで畳の目に沿ってこすり、その痕に掃除機をかけます。それでも色が抜けない場合は、漂白剤をつけて擦った後に、固く絞った布で拭き取ります。
この際、キッチンで使う塩素系漂白剤は強すぎて畳自体の色まで抜いてしまう恐れがあるので、薄めて使うか、オキシドールを使用しましょう。

仕上げ

わずかにシミが残っている場合は、シミ抜き剤を染み込ませた雑巾で表面を軽くたたき、からぶきで拭いましょう。
畳についた汚れはイグサに染み込むため、完全に取ることは難しいですが、めだたなくすることは可能です。

たまにやりたいお手入れ

毎日のお掃除だけでは畳はどんどん消耗していきます。床との間にたまった湿気からカビが生えてしまうこともあります。
それを防ぐためには定期的に日干ししましょう。
カビやダニを防ぐ効果があるほか、香りがよみがえり一層気持ちよく使用することができます。

関連記事