に公開(に編集)
サムネイル画像

もらって嬉しい! リフォームおすすめ差し入れ特集。渡すタイミングも重要です

差し入れ文化

職人が働く現場では誰か一人が皆の分のコーヒーを買ってきて雑談しながら休憩する文化があります。また、元請けや施主が現場に顔を出すときに差し入れを持っていくことも多く、職人にとっては、その気持ちが嬉しいものです。必須というものではありませんが、職人とのコミュニケーションを取ることでトラブルを未然に防ぐこともできますし、職人のやる気アップにもつながるでしょう。

差し入れのタイミング

差し入れは休憩時間に合わせ持っていくのが良いでしょう。
休憩は以下の時間に取るのが一般的です。

  • 9:00 始業前(作業の打合せを兼ねています)
  • 10:00 小休止
  • 12:00 昼休み(1時間)
  • 15:00 小休止

始業前は作業の打ち合わせを兼ねていますし、12時の昼休みは食事に行くので、差し入れをするなら10時もしくは15時の小休止の直前がベストタイミングでしょう。

職人が喜ぶ差し入れは?

缶コーヒーのCMで職人が休憩時に飲むシーンをよく見かけるように、缶コーヒーは差し入れの定番です。
しかし体が資本の仕事であること、比較的年配の職人さんだと糖尿病を気にして甘い缶コーヒーを避けることがあります。
職人さんが複数いれば、午前の休憩にお茶・コーヒーを1つずつ渡してあとは好きなよう調整してもらうのが無難です。

ひと味ちがう差し入れを

多くの現場では普段からコーヒー・お茶が中心なので、それ以外もものでもう少しグレード感のあるものや意外性のあるものだとより喜ばれます。

コンビニコーヒー

コンビニコーヒー

同じコーヒーでも、店頭で入れる形式のコンビニコーヒーだと目を引きます。実際にはSサイズは大抵のコンビニで100円程度で買えるので、費用対効果は抜群です。ただし、長時間置いておくと、アイスコーヒーは氷が溶けたり、ホットコーヒーは冷めてしまったりしやすいので、休憩時間を見計らって差し入れるとよいでしょう。

冷凍ペットボトル

冷凍ペットボトル

夏の暑い日には、冷凍ペットボトルが喜ばれます。ジュースは好みがあるので、お茶がおすすめです。時間を置いても、中身が溶けきるまでは、冷たい状態で飲めます。クーラーもかけられず、汗だくになって作業する現場も多いですからね。

肉まん

冬の夕方に差し入れるなら、肉まんがおすすめです。午前中だと、さほどお腹が減っていないかもしれませんが、長時間作業をした夕方には、職人は大抵お腹を減らしています。ただし、食事が禁止されている現場もあるので、要注意です。

レッドブル

レッドブル

レッドブルはエナジードリンクと呼ばれる機能性飲料です。185mlサイズが大体200円位で販売されており、少し値段が高いですが、差し入れとしては高級感があるので喜ばれます。ちなみに、185mlサイズ、250mlサイズともにカフェイン量は80mgなので、眠気覚ましにカフェインを摂りたいなら、185mlサイズのほうがおすすめです。

リアルゴールド

リアルゴールド

リアルゴールドはコカ・コーラ社が販売している、無着色、ノンカフェインのエナジードリンクです。缶コーヒーと同等の値段ですが、あまり見慣れず、リフレッシュ効果もあるため喜ばれます。

避けた方が良いものは?

ポテトチップスなど手が汚れるお菓子

食べるときに手でつかむ必要があり、手が汚れてしまうものや、ボロボロとこぼれやすいものは、現場の差し入れには不向きです。お菓子を差し入れるなら、ハッピーターンや飴・おせんべいなどの個包装のものが良いですね。

甘いもの・和菓子

高そうなカステラなどは断りづらいわりに口に合わないこともあります。
とくに年配の職人さんに甘いもの全般を差し入れる際には注意しましょう。

手の込んだ手料理

気持ちはありがたくても、好みもありますし、全て食べきらないといけないというプレッシャーも与えてしまうようなので、手料理は避けた方が無難です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
職人さんからすると差し入れをもらうこと自体が嬉しいものなので、あまり細かい点まで気にする必要はないと思いますが、その日の気温や訪問する時間帯を考慮して、自分が逆の立場で貰ったら嬉しいものを考えて差し入れると、喜んでもらえるのではないでしょうか。

また、ものだけでなく、「お疲れさま」「ありがとう」とねぎらいや感謝を言葉に出すと、より一層気持ちが伝わるでしょう。職人さんは仕事を素直に評価してもらうことが一番喜びます。「家が新築みたいに綺麗になった!」 のようなセリフが一番心に響くのです。

関連記事