に公開(に編集)
サムネイル画像

プロが行う水回りの漏水チェックの方法を解説

はじめに

今回は、リフォーム完了時の漏水チェックの方法を取材しました。プロが行うチェック方法ですが、一般の方でも物件内見時や入居時のチェックに活用して頂けます。

水回りの漏水トラブルの原因は、そのほとんどが経年劣化による不具合だと言われています。水栓や配管の継ぎ目に使われているパッキンが古くなってひび割れたり、固定していたナットやネジが緩んだりしてできる、わずかな亀裂から漏水してしまいます。兆候が表れたら大きな事故につながる前に対応することが重要です。

キッチンの漏水チェック方法

まずは、キッチンの漏水チェック方法を解説します。

水栓・シンク

はじめに、水を最大水量でしばらくの間出します。

続いて、お湯を最大水量で出します。
水とお湯は配管が異なるため、必ず水とお湯両方でチェックします

グラつきの確認

蛇口の先を持って、左右に振り、ぐらつきがないかをチェックします。
ぐらつきがある場合、水栓とキッチン台との隙間から水が下に漏れてしまうため、水栓をしっかりと固定します。

水を出しながら、水栓の継ぎ目から水漏れがないかチェックします。

継ぎ目から水漏れがある場合、中のパッキンが劣化しているので、交換します。

排水口に水が溜まらずに流れているかチェックします。
水が溜まってあふれてしまう場合、配管の詰まりが考えられます。

蛇口をキュッと最後まで閉めた際に、水滴がポタポタと落ちてこないかチェックします。
水滴が落ちる場合は水栓のカートリッジの交換が必要です。

シンク下の配管

シンクの下の収納を一旦外し、シンク下の配管からの漏水をチェックします。

排水パイプにぐらつきがないか同時にチェックします。

シンクと排水パイプの継ぎ目にティッシュを当てて、水滴が付かないかチェックします。

塩ビ管と排水トラップの継ぎ目を上から順にチェックします。
ナットなどがはめられていて上下に継ぎ目がある箇所は、必ず上下ともチェックします。

最後に、給湯・給水管の継ぎ目をそれぞれ上から順にチェックします。
給水管のみ矢印を付けましたが、継ぎ目が多く、チェック箇所が多くあります。
給水管同様、給湯管もチェックします。

以上で、キッチンの漏水チェックは完了です。

関連記事