に公開
サムネイル画像

賃貸物件における現調(現地調査)の作業工程の解説

対象読者職人さん

はじめに

今回は賃貸物件において原状回復工事を行う前の「現調」の作業方法をわかりやすくご紹介していきます。

現調とは

まず現調とは現地調査の略で、補修や交換の必要性の有無を決めるために実際の部屋の状態を確認する作業です。
現調の結果をもとに工事の見積もりを作り、オーナーあるいは管理会社に報告するため、現調作業では修理・補修は行いません。
この現調が甘いと見積もり金額を見誤って赤字になってしまったり、工事後に不具合が生じて無償対応せざるをえない、なんていうトラブルが起きやすくなるので注意が必要です。

全体の流れ

工務店や職人さんによって多少の違いはありますが、まず壁紙・天井・床の確認を行い、次に水回りの確認を行った後、周辺設備の確認を行います。最後に写真撮影を行って現調は完了となります。

クロス(壁紙)・CF(クッションフロア)の確認

一般的にクロスやCFは6年間が交換の目安とされていますが(※)、目立った傷があればこの現調の時点で交換するべきかどうかを確認していきます。

  • 全体的に黒ずんでいる場合
  • ジョイント(継ぎ目)やクラック(ひび割れ)が見えてしまっている場合

は、次の借主(入居者)が気持ち良く住めるように、張り替えの提案をしてあげましょう。

※賃貸物件においては、貼替後6年経つとそのクロスやCFの残存価値が1円になると、国土交通省のガイドラインで定められています。

玄関

まず、玄関から廊下にかけて壁や天井のクロスを見ていきます。このとき傷やはがれた跡があると交換の必要性があります。

クロスのジョイント(継ぎ目)部分が見えてしまっていたり、地震などで生じるクラック(ひび割れ)があると張り替えを行う必要があります。

キッチン

キッチンでは床がクッションフロアの場合、冷蔵庫などの跡が残りやすいのでその場合は張り替えをします。

トイレ

トイレも同様の流れでクロスを見ていきますが、クロスの端がはがれ始めている場合がよくあります。

この場合も老朽化が進んでいる目安となりますので、張り替えを行う必要があります。

洗面脱衣所

洗面脱衣所がある場合も同じ要領でクロスと天井、床の状態を確認していきます。今回は目立った傷はありませんでしたが、長年使っていると全体的に黒ずんでしまうため、クロスを張り替える必要があります。

寝室

寝室では家具やベッドがあった場所に家具跡ができている場合があります。

賃貸で原状回復工事の費用を貸主が負担するのか、それとも借主が負担するのかで良くもめるのがこのクロスの汚れ、家具跡です。

ですがこの場合は、生活の中で自然に生じるものなので入居者が費用を負担する必要はないですが(※)、張り替えが必要です。

※家具跡や冷蔵庫裏の電気焼け等は借主の責ではないとガイドラインで定められています。

クロスで部分的に補修されている部分が多いと見栄えが悪いのでその一面を張り替えることがあります。

また、押入れのクロスも長年の使用で黒ずんでいる場合は交換する必要があります。

今回は押入れの中と寝室でクロスの種類が異なっていました。恐らく前回の工事・クリーニングの際に押入れの中のクロスを張り替えなかったためだと考えられます。

結果的に今回の現調ではクロスに関しては全体的に黒ずんでおり、老朽化が進んでジョイントやクラックが見えてしまっていたので、全面を張り替える必要があると判断しました。

最終的な工事の内容は貸主、オーナーが判断しますが、あくまで次の借主、入居者が快適に暮らせるよう隅々まで現調し、工事の提案をすることが大事です。

関連記事