に公開
サムネイル画像

リフォームに役立つ!木材の種類

はじめに

木材は建築や、家具などに使われているように、私たちの生活の一部になっており、欠かせない資材です。木材といっても使われる部位によって様々なサイズがある上に種類も様々です。今回は木材に関する知識を深めていただけるように分かりやすくまとめてみました。

木材の分類

針葉樹と広葉樹の違い

針葉樹

針葉樹は比較的まっすぐと伸びており、材質も軽いものが多いです。そのため、加工が容易で建築材として多く使われています。スギやヒノキなどはこの針葉樹にあたります。

広葉樹

広葉樹はさまざまな種類が存在していますが、比較的密度が大きく、重いものが多いです。したがって、耐久性は非常に高いですが硬い材質なので加工に手間がかかるという欠点があります。カシやクリなどはこの広葉樹にあたります。

製材方法による分類

無垢材

天然の樹木から切り出してそのまま木材にしたものを指します。耐久性が高いため、集成材より高価ですが、木材によって耐久性や含水率などが異なるのが欠点です。

集成材

木板などを接着剤などで張り合わせて作ったものを指します。良質な板を張り合わせているので品質に差が生じませんが、耐久性では無垢材より劣ります。

用途による分類

構造材

建築の際、建造物の骨組みとなる部材ですが、通常のリフォームでは構造材まで変えることはほとんどありません。


「土台」、「柱」、「大引(おおひき)」、「桁(けた)」、「梁(はり)」など

野物材(のものざい)

建築の骨格となる「構造材」と仕上がりの際に目に見える床や天井などの「造作材」との間を繋ぐ役目をもつ部材です。この野物材は壁や床の裏といったような実際に見えない部分で使われることから「見え隠れ材」や「羽柄材」とも呼ばれています。


「垂木(たるき)」、「筋違い」、「間柱(まばしら)」、「根太(ねだ)」、「胴縁(どうぶち)」、「野縁(のぶち)」など

造作材

建築内部における仕上げ材や取り付け材です。目に見える部分において使われるので、色や木調などのデザイン性も重視されます。また、リフォームが行われる際はこの造作材を変えることが多いです。


「天井」、「床」、「階段」、「敷居(しきい)」、「ドア枠」など

規格による分類

現在、木材の規格は日本に古くから伝わる在来工法と欧米から伝わってきた2x4工法の2種類あります。今回は、この在来工法と2x4工法のそれぞれの特徴をご紹介していきます。

在来工法

在来工法とは日本で古くから使用されており、規格として尺や寸、分を用いて行う工法です。在来工法におけるこれらの寸法は全ての建材で使われています。

2x4(ツーバイフォー)工法

2x4工法とは、欧米などで古くから使用されている規格で様々な種類の木材の大きさをインチやフィートなどで表しています。2x4材とは文字通り厚さ2インチ幅4インチの断面をもつ木材のことで、他にも2x2や2x6、または1x4材などの木材が使用されており、これらを総称して2x材と呼ばれることもあります。

それでは、在来工法と2x4工法の具体的な違いをご紹介していきます。

木材のサイズ

在来工法

在来工法では木材のサイズを尺(1尺:300mm)や寸(1寸:30mm)、分(1分:3mm)で表しています。屋根に使われる垂木などでよく使われている木材では厚さ1寸2分(36mm)、幅1寸3分(39mm)の木材がよく使われています。また、根太(ねだ)によく使われている厚さ1寸3分(39mm)、幅1寸5分(45mm)の木材もあります。

在来工法でよく使われている隠語

日本では昔の名残で木材のサイズを尺や寸という単位で表しており、特定の大きさの木材を隠語で呼ぶ習慣があります。それでは実際に職人さんが使用している隠語をご紹介します。

  • インニッサン (30mm×40mm)
    1寸2分×1寸3分(36mm×39mm)に由来しています。インニイッサンが短くなってこの呼ばれ方になったようです。垂木のような屋根の下地材としてよく用いられます。尺寸の長さと製材として売られている長さが異なるのは仕上げの際に調整されるためだそうです。

  • イッサンインゴ(33mm×45mm)
    1寸3分×1寸5分(33mm×45mm)に由来しています。根太(ねだ)などに良く使われています。

  • インゴ角 (45mmx45mm)
    インゴは1寸5分(45mm)を指します。また、~角と呼ばれている木材はだいたい角材を指し、断面が正方形となっています。

と呼ばれることもあるそうです。地域によってさまざまな呼ばれ方をするようなので比べてみると面白いかもしれません。

2x4工法

2x4工法では2x4木材がよく使われています。2x4木材は断面のサイズが厚さ2インチx幅4インチを基準として設計されていますが、実際に店頭に並んでいるサイズは乾燥や表面処理などを行う過程で1.5インチ(38mm)x3.5インチ(89mm)で規格化されています。2x4工法では、他にも2×2 (38mm×38mm) 、2×6 (38mm×140mm) 、1×4 (19mm×89mm) 、1×6(19mm×140mm) といったものもあります。また、木材の長さはフィート(1フィート:304.8mm)で表記されていることが多いです。

木材の樹種

在来工法でよく使われる樹種

在来工法では、古くから日本などで生産が行われている木材で行われてきました。スギやヒノキ、マツなど様々な種類があり、それぞれ用途によって使われ方が異なることもあります。それでは、在来工法でよく使われている樹種についてご紹介します。

檜(ヒノキ)

特徴
針葉樹の一種で構造材や造作材などで広く用いられます。檜は加工しやすく、一般的に水に強く、光沢があるのが特徴です。また針葉樹の中では強度が高く、比較的高価なものが多いです。

用途
柱や土台などの構造材や敷居や床などの造作材に幅広く用いられている。また、水に強い性質から浴槽や浴室回りなどにも用いられます。

杉(スギ)

特徴
建築材で最も一般的に用いられている木材です。針葉樹の一種なので材質は柔らかく加工がしやすい上に乾燥も早いのが特徴です。

用途
構造材、野物材、造作材のようにあらゆる木材に使用されています。

栂(ツガ)

特徴
マツ科の針葉樹の一種で、針葉樹の中では硬い部類に入ります。そのため、強度は強く、良質なものであれば、ヒノキよりも高い評価を受けることがあります。

用途
用途が広く、土台や柱など多くの建築材で用いられています。

栗(クリ)

特徴
ブナ科の広葉樹で、強度が大きく、耐久性に優れています。

用途
硬さの要求される床柱や階段、または杭木などに使用されています。

樫(カシ)

特徴
栗と同じくブナ科の広葉樹で、国産材の中では最も重く硬い木材です。

用途
その硬さを活かし、敷居などの造作材や枕木によく用いられます。

2×4木材でよく使われる樹種

リフォームやDIYなどでよく使われるのは加工がしやすく安価で手に入る2x4材が一般的です。しかし、2x4材は加工がしやすい反面、湿気や害虫に弱く、扱い方を間違えてしまうと、1年もたたずに朽ちてしまう場合もあります。今回は比較的よく使われる2x4材の種類についてご紹介していきます。

SPF

原産国
アメリカ、カナダなどの北米が原産です。

特徴
SPFとはSpruce(トウヒ)、Pine(マツ)、Fir(モミ)の頭文字に由来しており、一般的に常緑針葉樹を使用した木材を指します。木質はやわらかく、切断・加工がしやすい上に比較的安価で入手できます。

用途
主に2x4材として古くから用いられてきたのでほぼすべての建築材で使われています。また、SPFの材質は比較的やわらかく、切断や加工がしやすいことから、最近ではリフォームやDIYとしてよく用いられています。

ホワイトウッド

原産国
北米産のSPFに対し、ホワイトウッドはヨーロッパが原産です。日本では唐檜と呼ばれていますが、実際はマツの一種です。

特徴
ホワイトウッドと呼ばれるように色はSPFよりも白いです。また、常緑針葉樹なので、木質もやわらかく、切断・加工がしやすいのが特徴です。しかし、木質が柔らかいことは湿気や害虫の被害を受けやすいという欠点があります。

用途
2x4材として使われている点ではSPFと同じです。ただし、湿気の多い場所や害虫の発生しやすい場所では耐久性が低下してしまうため、あらかじめ防虫剤のような薬剤を染みこませておくと良いでしょう。

レッドシダー

原産国
日本でよく見られるレッドシダーはウエスタンレッドシダーと呼ばれる種を指し、和名で米杉(ベイスギ)と呼ばれているようにカナダやアラスカなどの北米で生産されます。

特徴
レッドシダーは断面が赤色をしているのが特徴的で、独特の色合いを引き出しています。また、木質に含まれる樹液には殺菌作用があることから、害虫の繁殖を防いでくれます。レッドシダーは耐久性も高く、加工もしやすい一方、SPFやホワイトウッドよりは高価なのが特徴です。

用途
耐久性が高く、害虫にも強いため、ウッドデッキなどによく使われます。

サーモウッド

原産国
もともとSPF材を使用しているため、北米産が多いです。

特徴
SPFなどの柔らかい木材を加熱・加圧による加工を行うことで耐久性を高めた木材を指します。サーモウッドは元々柔らかい木材であるため、加工がしやすい上に耐久性・防腐性に優れているのが特徴です。また、処理事態も熱と水だけを利用しているため、非常にエコな木材であることから、近年注目を集めています。ただ加工のコストも入るので値段は少々高めです。

用途
加工もしやすく耐久性もある万能な木材のため、屋内と屋外ともに利用可能です。

ハードウッド(ケヤキ、ウリン、マホガニーなど)

原産国
主に広葉樹を指し、日本や東南アジアなどで多く産出されます。

特徴
広葉樹は成長が遅く生産量が少ないため高価なものが多いですが、耐久性が非常に高く20年以上耐えるといわれています。

用途
独特な木彫や香りなどするものが多く、一般的に高級家具などに使われます。

木材選びにおけるポイント

最後に、木材選びで失敗しないために良質な木材の選び方をご紹介します。

湾曲していないものを選ぶ

木材店やホームセンターに行くと微妙に湾曲しているものがあります。実際に湾曲している木材を使用してしまうと、うまく組み立てられない上に耐久性が低下する恐れがあります。

死に節の少ないものを選ぶ

木材には特有の節が存在しています。節には生き節と死に節がありますが、黒ずんでいる死に節があると節が抜けて穴が開いてしまうものもあります。逆に生き節は木材の品質に変化が見られないため、特に問題ありません。

ヤニ壺のないものを選ぶ

ヤニとは樹木から出る粘り気のある樹液のようなものです。このヤニが多く含まれている部分をヤニ壺と呼んでおり、このヤニ壺がある木材は使用していくうちに材やその周囲を汚してしまうことがあります。

木材に関する記事は以上となります。これらの知識を参考にして目的に合った木材を探していきましょう。

関連記事