に公開(に編集)
サムネイル画像

キャットウォークの取り付け方

今回の記事では複数の棚を繋げてキャットウォークを作成します。キャットウォークとは猫が歩けるほどの板や棚を壁に取り付けたもので、ペットを飼っている方に人気のアイテムです。
基本は棚や板を壁に取り付けるだけなのでそれほど難しい施工ではありませんが、耐荷重量を考慮して取り付けないと棚が転落するなどの恐れがあります。

図面の確認

今回の施工では図面が用意されていましたので、それの確認を行います。
図面に記載されている数字(高さ、幅など)と実際に取り付ける壁の幅を測定しながら、図面の通りに取り付けて問題ないかを確認します。

図面の確認

図面や説明書を確認しましょう。

高さや位置

高さや位置を考えます。

仮の位置を決める

メジャーとレーザーを使用しながら計測し、印を付けたい箇所にマスキングテープを貼り付けます。

レーザー

壁に赤い光線が当たっています。レーザーを使って水平を測っています。
レーザーは高価なので、ない場合は水平器などを使います。

棚にビスの下穴を開ける

今回の棚ではarne社のウォールボックス・L字ラックを使用します。既製品の場合は取り付け金具が既にありますが、耐重性を増やして取り付けたいのでこれを外します。

棚にテープを貼る

今回取り付けようとする棚は固定用ビスを取り付けると、構造上壁と棚の間に隙間が空いてしまうので、固定部分にベニヤを両面テープで貼り付け、隙間を埋めます。これをすることで、棚を固定しようと本締めしても棚が破損することなく取り付け可能です。もしも取り付け予定の棚の構造上、スペースが発生しないなど、この作業が不要でしたらこの工程は飛ばして構いません。

テープを貼る

このテープは施工用の強度・厚みがあるテープです。

棚を取り付ける

レーザーを再度使いながら、取り付ける位置に棚をあてがい、位置を再度確認します。

壁に穴を開ける

位置を決めたら、穴をあけます。壁にはあくまでも目印を付けるだけなので少し穴が開く程度で構いません。

ちりとり

穴あけの際に粉塵が落ちるので、床を養生するかチリトリや掃除機でゴミが落ちないようにします。

ボードアンカーの取り付け

壁にそのままビスを打つと、棚の負荷重量が重くなった際にビスが抜け落ちて棚が落下する恐れがあります。そこで耐荷重量を高めるためにボードアンカーを取り付けます。

今回は若井ホールディングス社の「カベロックスケルトン」を使用します。この商品は1つで30キロの耐重性があるそうです。

棚の設置

目印を付けた箇所にすべてボードアンカーを取り付けたら、固定したボードアンカーの位置を確認しながら棚をあてがい、固定用ビスを締めます。ここでは仮締めをしてください。

遠目から取り付けた棚を確認し、傾きなどがなければ、棚を軽く持ち上げたり、叩いて修正してください。

レーザーを使わない場合、水平器を当てます。

最後に固定用ビスを本締めしてください。

ビスキャップをつける

ビス部分にビスキャップを付けたら、棚1つの取り付けが完成しました。

以上の手順を取り付け予定の棚全てに施工していきます。

キャットウォークの事例

今日は #キャットウォーク で運動したよ~🙌

A photo posted by conecogt3 (@conecogt3) on

関連記事