に公開
サムネイル画像

本襖の補修 胴張り・下張り・上張りについて解説

ボロボロの本襖を胴張り・下張りと下地を作った上で上張りして仕上げる方法を解説しています。襖は状態が悪くなければ張ってあるふすま紙の上に重ねて張ることができますが、状態が悪いと襖紙(上張り)、さらにその下の下張りからやり直します。

表具の伝統的な施工だと骨組みの状態から張り直したとき非常に手間がかかってしまいます。実際の現場では予算・時間も限られているので、いくつかの工程は省きつつ、それでいて変わらない仕上がりを目指すのがポイントになります。

今回の施工について

今回補修するのはこのように襖骨(ふすまぼね)が露出するほど傷んだ本襖(ほんぶすま)です。襖には他に段ボールでできた段ぶすま、ベニヤでできた板ぶすまなどがありますが、本襖は木の骨組みの上に和紙を重ねて張っていく伝統的な襖です。

骨組みがでている

ふすま紙だけでなく下張りも剥がれて骨組みが出ています。
枠を外さず張っていった際に、枠に沿ってカッターで切れ目を作ってしまったことで下張りから剥がれてきたようです。

今回は枠に胴張りという下処理を行います。これはふすまに日光が当たっても枠が透けて見えないように紫外線を通さなくします。
胴張りのあと、下張りという襖の仕上がりをよくする処理を、最後に襖紙の上張りという順番で行います。

下準備

枠を外す

本襖は骨組みに対して紙が張ってあって、その周辺を木枠で固定する仕組みになっています。

枠を外す

枠はまず左右の長辺から外します。今回かなりガタが来ていたので簡単に外せました。

襖板の脇に釘が出ていて、枠の穴にそれが入って固定されています。枠を少しスライドさせると外れます

引き手を外す

襖に四角か丸の取手がついているのでこれを外します。

引き手を外す

引き手の内側から釘が刺さっています。マイナスドライバーなどで釘を抜くと引き手の固定が外れます。

引き手を外した

外した引き手はなくさないように保管してください。

襖紙を剥がす

表面が剥がれたり荒れている状態の上にふすま紙を張ると表面が平らにならないので、剥がれた紙を剥がしていきます。

はがしていく

今回は上張り・下張りを剥がしました。本来は全て剥がして枠から張っていったほうが仕上がりはよくなりますが、工数を考え活かせるものは活かすことにします。

枠付近

枠の付近は下張り・ふすま紙をしっかり張らないとふすま紙が剥がれてしまいます。
紙や糊の残骸が残っていると付きが悪くなるので、カッターでそぎ落としてください。

胴張り

次に胴張りを行います。先ほど言ったとおり、胴張りは色のついた紙を張ることで日光を遮断し襖の枠が透けて見えるのを防止します。

胴張り

青い紙と茶色い紙が合わさっているので、青い方を上にして張ります。

糊の補強

今回はクロス用のウォールボンドを使います。枠の部分は付きが悪いと襖が剥がれる原因なので、枠部分に糊を3cm程度塗って補強します。

糊を塗る

胴張り紙のほうにも全体的に糊を塗ります。クロス用の糊付け機械がある場合それを使って、なければ刷毛で塗ってください。
胴張りは糊を薄めず、周辺だけでなく全面に塗ることです。

張り付け

両側を縦に二人で持ち上げて、慎重に襖骨の上に乗せます。

胴張り紙の位置

胴張り紙は襖の縁に対して3mmから5mmずらして張ります。これはこの部分をのりしろに、次の下張り(袋張り)を張ったほうが安定性が高くなるからです。

撫でる

位置が決まったら上から刷毛でなでて、密着させます。刷毛は縦にかけるのがコツです。
ちなみに撫刷毛でもいいですが、毛先が柔らかい刷毛を使うことで表面を痛めるリスクが減ります。

余りを切る

三辺で胴張り紙がはみ出ています。これをカットします。

定規で

定規を使い正確に切ります。

のりしろを確保

先ほど言ったとおり3mm~5mmがのりしろとして適切です。

関連記事