に公開(に編集)
サムネイル画像

エアコンの取り付け方法を解説

エアコンの取り付け方法を解説します。取り外しに比べ、失敗が許されない工程もありしっかりと構造を理解したり、知識が必要で難しくなっています。フレア加工、真空引きなど専門工具を使った工程も説明します。

取り付けの注意点

工程は専門工具を使うので、知識も必要です。とくにやり直しが聞かないのは真空引きの作業や配管の接続です。ここを理解せずに間違えると、室外機に入っている冷媒ガスが流出してしまい、エアコンが効かなくなってしまいます。もとに戻すには専門業者を呼んでガスを充填してもらわないといけません。

リスクや危険性を理解した上で自己責任で取り付けてください。

据付板の設置

壁にエアコン本体(室内機)を設置するために、まず壁に据付板を設置します。この際に十分な強度で固定できていないと、室内機が落下する事故につながります
石膏ボードの場合、ボードにビスでつけるだけだとダメです。ボードの裏の柱(木下地)にビスが刺さらないと不安定なので、下地センサーなどを使って下地を探して下さい。
ただし、現実的に取付箇所が決まっている場合下地の位置と取り付け位置がうまく合わない場合がよくあります。その場合はボードアンカーを刺します。

据付板の位置決め

エアコン取り付け位置に据付板を押さえて、アンカーを打つ箇所をマジック等で目印を付けます。

下地に穴開け

ファイルソーで穴開け

ファイルソーやインパクトドライバーを使って目印の位置にビスの穴を作ります。

ボードアンカーを打つ

ボードアンカー

これがボードアンカーです。ビスとアンカーの2つが組になっていて、一度アンカーを打ち込むとアンカーが拡張して下地にめり込みます。

ボードアンカーを打つ

電ドラを使ってボードアンカーのビスを打ち込みます。アンカーの足が開いてアンカー側は外れなくなります。
ビスは一度打ち込んだら外します。(アンカーを下地に打ち込むのが目的だからです)

据付板を固定

据付板の固定

据付板を壁に片手で当てて、取り外したビスを使ってアンカーに打ちます。
据付板にはビスが打てる箇所がかなり開いていますが、このうちの4ヶ所をバランス良くうまく使えばOKです。

これで据付板の取り付けが終わりました。次は本体を据付板に固定しますが、先に本体に電線をつないでおきます。

電線の取り付け

電線は本体と室外機をつなぐものです。室外機に電力を送るために壁の穴を通じて接続しますが、電線の両端は普通3色(黒・白・赤)の3本で構成されているので、これを基盤に差し込んでいきます。

絶縁体をむき出しに

カッターで先を切る

電線の先の絶縁体を縦にカッターで適度に切って、ペンチ、ニッパーを使って絶縁体をむき出しにします。
先が露出するように絶縁体は切り落としてください。

電線を本体に通す

本体に電線を通す

室内機の下から電線を本体の基盤部分に通します。

電線の先を皮むき

皮むき

先ほど言ったとおり黒・白・赤の銅線が絶縁体でカバーされているので、これもニッパーなどを使ってうまく皮むきします。
先端から何mmむくかは説明書を読んでください。
通常は15mm程度です。

基盤に差し込んで固定

基盤に差し込む

三色の線をしっかり奥まで差し込みます。色が対応してるので、同じ色の穴に挿してください。

固定する

そのままだと引っ張ると抜けてしまうので、付属の蓋などをビスで固定します。

本体の取り付け

電線・配管・ドレンホースを室外に通した状態で、壁の据付板に室内機を取り付けます。

通す線について

銅管・ドレンホース等を通しますが、このあたりは室内機と穴の位置関係によっては先につけたりあとにつけたり融通するので、必ずしも工程に順序の決まりがあるわけではありません。
今回は線を外に通して、外で配管のつなぎ込みを行います。

据付板に固定

据付板に室内機を固定します。引っ掛けるようにするのがコツです。

室外に

室外に銅管や電線が出ました。あとはこれらを外の室外機につなぎこむ作業になります。

室外の配管の接続

テープで束ねる

テープで束ねる

配管やドレンホースなどがかさばらないように、ビニールテープで束ねます。

粘土で穴埋め

壁の穴を粘土で埋める

壁の穴が空いたままだったり隙間ができていると雨風が侵入するので、これは専用の粘土(パテ)で埋めてやります。

少量をちぎって入れる

少しずつちぎって入れてやります。穴にホコリがゴミがあると粘土の付きが悪くなるので、汚い場合は清掃してください。
たまに穴の奥に新聞紙などを詰めて粘土を節約しているケースがありますが、普通それはダメです。

銅管の連結

次にガス管・液管2本の銅管を外側でそれぞれつないで延長します。これは施工によっては室内でつないだものを穴から出したりしても構いません。今回は室内機と壁の穴が近かったので、短い状態で外に出して、外でつなぎ合わせるという判断です。

ガス管と液管の両方を延長

ガス管・液管それぞれに長い銅管をつないで延長します。液管が細い方、ガス管が太い方ですが、ガス管と液管は太さが合わないので間違えて付けることはないはずです。

レンチ2本

2本のレンチでナットをしっかりと締め上げます。ここが緩いと冷媒・ガスが流出する原因になります。
冷媒が流出すると、時間が経つに連れエアコンの効きが悪くなり、故障の原因にもなります。

テープを巻く

接続が終わった2本の銅管、電線、ドレンホースはバラバラだと不格好だし雨ざらしになるので、配線カバーで隠すか配線テープで巻きあげる必要があります。

配線テープ

テーピングテープのような材料で隙間なく巻きます。
ただ、これは別のエアコンの巻き上げ例ですが、このようにテープの重なりが上から下になってると、テープの端が上に露出した状態になります。

端が上に来ているということは、ここから雨水の侵入を受けるということなので、配線テープは必ず下から上に巻き上げます

銅管・電線の長さを合わせる

室外機を所定の位置に置きます。今回は地面に置くタイプですが、マンションの場合は天井から吊るすタイプ、壁にかけるタイプなどもあります。置いたあとナットで固定すればいいのですが、天井に持ち上げるにはかなり重いので補助者がいたほうがいいでしょう。

室外機の脇にバルブと電源基盤があるので、先ほどつなげておいた銅管や電線をこれから室外機につなげます。

バルブ

これが側面にあるバルブです。カバーで覆われていることもあるので、作業前にカバーを外しておきましょう。

普通銅管・電線は長めに用意されています。室外機の位置が決まったら、必要な長さに合わせてそれぞれ切る必要があります。

電線を切る

電線を切る

電線は絶縁体ごとニッパーで切ります。

銅管を切る

銅管を切る

二本の銅管は保護カバーがあるので、まずマジックなどで切るべき箇所に目印をつけ、保護カバーからカッターで切って剥がします。

パイプカッターできる

露出した銅管部分をパイプカッターと呼ばれる工具で切ります。

切った先のボルト

切った銅管の先にはフレアナットが付いているので、先端も切ってこれは回収してください。

パイプカッターは銅管を挟み込んでくるくる回すことで、円形のカッターが少しずつめり込んで切り口を潰さずに切れる工具です。一周すると溝ができるので、この溝に合わせてさらに深く切ります。パイプカッターの調節ネジを回すと挟み込む間隔が狭くなるので回しながらネジを締めて、深く切っていきます。

フレア加工

切った銅管の切り口はそのままだとバルブにフィットしないので、切り口をラッパ状に広げる必要があります。これをフレア加工といいます。
先ほど外したフレアナットを銅管の先に通した状態で加工してください

フレアツール

フレア加工にはこのようなフレアツールを使います。
フレアツールに穴がいくつか開いているので、サイズのあった穴に銅管の先をセットし、万力で固定します。
ハンドルを回すとカチカチという音がして、先端を加工できます。

フレアツールにクラッチが効いていれば、加工ができたらハンドルが空回りするはずです。

フレア加工できた

これでフレア加工ができました。先端がラッパ状になっています。

液管・ガス管の両方でフレア加工を行ってください。

室外機のバルブにつなぐ

フレア加工が終わったら室外機のバルブに二本の銅管を接続します。

接続

フレア加工ができていれば、バルブに対して銅管がしっかり密着します。先にくぐしておいたフレアナットを締めていきます。

レンチで固定

手である程度固定したら、レンチでがっちり締め上げます。
これも緩みがあるとガスが流出するのでキツく締めてください。

真空引き

これで銅管のつなぎ込みが完了しました。ただし、これだけだと接続した管の中に空気が入っています。このままだと稼働したとき冷媒に空気が混ざってしまいます。したがって必ず真空引きという作業を行い、中の空気・水分を追い出さないといけません

真空ポンプ

普通の真空引きではこの真空ポンプを使います。真空ポンプを使わない真空引きの方法もあるのですが、推奨されません。

ゲージマニホールド

銅管内の圧を計りながら作業するので、このゲージマニホールドと呼ばれる圧力計も使います。

サービスポートに接続

サービスポートに接続

ゲージマニホールドのLOW(青い方)側のホースをサービスポートに接続します。

ゲージマニホールドの真ん中の黄色いホースを真空ポンプに接続します。

要約すると、ゲージマニホールドのLOW側のバルブを開放した状態で真空ポンプを稼働させると銅管内の空気と水分が抜かれ、ゲージマニホールドの圧力計がマイナスに振れます

この状態で20分程度回すと配管内の水分と空気が完全に追い出された状態になるので、ゲージマニホールドのバルブを閉じてポンプを停止させます。
サービスポートからホースを外して、液側・ガス側の両バルブを六角レンチで全開(反時計回り)にすれば、銅管内に空気と混ざっていない状態で冷媒が流れるようになります。

真空引きの手順は難しいので、機会があれば別の記事で詳細に解説しようと思います。

電線の接続

室内機から伸びる電線を室外機に接続します。長さを合わせるために切ってあると思いますが、カッターで縦に切って絶縁体を10cmほど剥がしてください。

縦に切る

ただし、あまりカッターの刃を深く入れても中の導線に傷が付くので表面を割るような感じです。

電線の先を皮むき

絶縁体を剥くと、さらに3本のコードが出てきます。次はこのコードの先端の絶縁体を剥くのですが、これを皮むきといいます。
皮むきは室外機や説明書に何mm行うか指示されてることが多いです。
普通は15mm前後でしょう。

ニッパーで皮むき

ニッパーで先端を押さえ、加減しながら絶縁体を剥きます。

先端を差し込む

コードは黒・白・赤の三色を、指定の色に合わせて基盤に差し込みます。

固定する

そのままだと引っ張ると抜けるので、固定具を付けます。

仕上げ

これでだいたいの工程は終わりです。

カバーを取り付ける

カバーを取り付けて、ビス止めします。

コンセントを接続

コンセントを挿して動作確認します。
フィルタの部分から冷気が出るので、できれば専用の空調温度計を使って冷気と外気がちゃんと差になっているか、設定温度に近いか確認しましょう。

関連記事