に公開(に編集)
サムネイル画像

ウォシュレットの設置方法 DIYでできる取り付け方を紹介

対象読者大家さん

ウォシュレットを取り付ける方法を解説します。大きな流れとしては給水管を取り外して分岐栓を付け、ウォシュレット側とタンク側に配線します。タンクにフレキシブル管(フレキ管)という折れ曲がる鉄パイプを付ける方法も紹介します。

作業の前に

構造の把握

トイレの構造

取り付け後のトイレの構造です。分岐金具から水がタンク側とウォシュレット側に流れるようにします。

作業準備

扉を外す

扉を外すと作業がし易いので簡単に外せるなら外しましょう。

水道の元栓を閉める

水回りの施工全般に言えますが最も注意しなければいけないのが水漏れです。作業中にステップを間違えて水が吹きこぼれたりすると面倒なので、確実に水を止めて作業します。

右回りに閉める

水道の元栓を閉めます。右回り(時計回り)に固く限界まで回してください。

この元栓に限らずほとんどは右回り(時計回り)で閉まり、左回り(反時計回り)で開きます

元栓はマンションの場合玄関付近の扉にガスのメーター等と一緒に入ってることが多く、戸建て住宅なら外の路面にあるフタを開いて確認して下さい。

作業前に水道が止まったか、キッチンの流しなどで確認したほうがいいでしょう。

トイレ脇の止水栓を閉める

元栓を閉めたので水は出ませんが、念のためトイレ脇の止水栓も閉めます。

トイレの止水栓を閉める

マイナスドライバーを使って右回りに閉めます。

設置作業

便座を取り外す

今設置されている便座を外します。便座は便器に対して下からパーツで止めてあります。下から手で取り付け器具を外します。

手で外す

プラスチック製のナットのようなもので固定されていることが多く、手で容易に外れます。

固定器具を外せば上にすぽっと抜けるはずです。

汚れを落とす

長年の汚れが溜まっていると思うので便器の上部を軽く拭き取っておきます。

給水管を外す

タンクレスでない限りトイレタンクには給水管という金属のパイプで水を送っています。ウォシュレットは本体に水を必要とするのでこのパイプを枝分かれさせてウォシュレットに配線します。

レンチで左回りに

給水管を外す際はレンチで上から見て左回りにします。

次にタンクと給水管のボルトを外します。

固いとき

タンクのボルトが固いときはタンクの蓋を外し、内側から金具を押さえます。

給水管を外し終えた

給水管を外し終えました。
外す際には水が出るので雑巾を下に敷きます。

関連記事