に公開
サムネイル画像

ジプトーンの天井を全面パテをしてクロスを貼る方法

建物でよく見られるジプトーンと呼ばれる天井仕上げ材に対して全面パテをした上でクロスを貼っていく方法を解説します。ジプトーンにそのままクロスを貼っても剥がれてしまいます。そこで溝などを石膏パテで埋めてしっかりと下地処理を行います。

ジプトーンとは?

聞きなれない言葉ですが誰もが見たことはあるのではないでしょうか。比較的事務所や店舗でよく使われている印象のある、小さな溝の模様があるボード(石膏ボードでできています)同士をつなげてできている天井です。

ジプトーン

ジプトーンに茶色がかった汚れがあります。これはカビです。

ジプトーンにカビが生えてしまったので上からクロスを貼ることにしましたが、ジプトーンそのものが仕上げ材(最終的に表面に来る建材)なので表面が加工されています。そのため直接クロスを貼っても非常に剥がれやすくなっています。

下地の清掃・準備

そこでジプトーンにクロスを貼れるように下地処理を行います。

防カビ剤の塗布

ジプトーンに限らずクロスの下地に共通して言えることですが、カビが下地に残ったままクロスを貼っても時間が経てばクロス表面にカビが浮き出てきます。したがってクロス下地のカビは念入りに防止します。

カビの程度がひどい場合は先にカビキラー等のカビ取り剤で下地を拭いてください。

マスティー

ある程度カビが落ちたら、下地用防カビ剤のマスティーを上から塗ってカビをブロックします。

ローラーでマスティーを塗る

ローラーでマスティーを塗ります。

全面パテ(全パテ)

次にパテ処理を行います。ジプトーンに対しては全面パテ(全パテ)と呼ばれる、下地の全面に石膏パテをかけて下地を一度石膏の状態に戻す処理を行います。

まずはパテづくりからです。

バケツに水を入れる

スポンジで水を入れる

バケツを2つ用意し1つは水が入ったもの、もう一つは石膏パテを練るものにします。水の入ったほうからスポンジでパテ用のバケツに水を適量移します。

練るパテの文量によりますが、スポンジ3,4回分(染み込ませて絞る)から始めるといいでしょう。

防カビ剤を入れる

マスティーを入れる

先ほど下地に直接防カビ剤を塗布しましたが、パテのほうにも混ぜてやります。これで二重にカビをブロックします。

そもそも石膏パテ自体にも防カビ効果があるものが最近は主流ですが、やはり防カビ剤として独立したもののほうが効き目が強いので、これを混ぜたほうがカビに強くなります。

下地補強剤(390クリーン)

下地補強剤を混ぜる

これは下地とパテの食い付きを良くしてパテの密着性を高める効果があります。

以上を全て適量混ぜ、液体が白っぽく均等な色になるまで混ぜます。

関連記事