に公開
サムネイル画像

第8回 入隅を巻いて2枚目をあい裁ちでつなげる

第8回は今まで解説した知識を使って壁を貼ります。まず右側の壁からですが、これは入隅を1枚で巻いた貼り方を、続いて2枚目は下敷きテープを使って重ね切りしていきます。

入隅を巻いて貼る

巻く方法と切る方法を2つをやって説明したいので、最初のクロスは右から入隅で巻いて1枚で貼る方法で貼ってみます。

右側から押さえる

右側の縦1mを基準としてしっかり貼ります。1mがきっちり貼れればあとは下まで貼っても曲がりません。

少し弛ませる

左のほうは横から中心にかけて少し力を加えてシワをわざと作ります。
なぜならすでにピンと貼った状態だと入隅に入り込む余裕がないからです。

下まで貼る

下まで貼る

左の面はそのままで、しゃがんで下まで貼ります。
撫刷毛で右の壁のエアを下方向に抜いていきます。

真ん中で押さえる

地ベラを使って真ん中で押さえます。地ベラの角を立てて押さえると破けるので注意します。
ここで入念に角を出さないと張り終わった後、時間が経つにつれてどんどん角が丸くなってしまいます。

シワが残ったとき

このようにシワが残ったときは角(入隅)の線が曲がっているということです。

下半分くらいをいったん起こして、位置を決め直します。

先ほど左にできたシワを入隅の位置を決め直したことで右のほうにも分散させます。
寄ったシワの位置を修正して分散させるという感覚です。
ただし入隅の曲がりがひどくシワが解消しづらい時は入隅で切ったほうが無難でしょう。

左の壁

左の面

右の壁をだいたい貼ったら先ほど弛ませていた左を起こしてシワを中央から外(左)に逃します。

角ベラで角を折りたたむ&しごく

角ベラ

天井同様角ベラで隅をしごいて角でクロスをきっちり折りたたみます。

関連記事