に公開(に編集)
サムネイル画像

クロスの剥がし方と下地処理の方法を解説

クロスの貼り替えを解説しています。今回は剥がしと下地処理についてです。パテの処理が甘いとクロスを貼ったとき、表面に微妙な線や凹み、段差ができてしまいます。

今回使っている道具

  • カッター 中刃・小刃などサイズを用意するとベスト
  • スクレイパー クロスが剥がしにくいときに便利
  • パテ板 パテを取り出して乗せます
  • パテベラ 大小の2つを用意すると良い
  • 水性増改用パテ 今回は一種類のパテしか使いませんが用途に合わせ複数使い分けます

クロスを剥がす

これからクロスを剥がしていきます。剥がしづらい時にクロスを剥がさずに上からパテ処理して貼っていくこともありますが、貼り替えでは剥がすのが基本です

剥がす前に1枚大きな紙を用意して床に敷いて、この上に剥がしたクロスを乗せていくことをオススメします。

継ぎ目を見つける

継ぎ目を見つける

壁に貼ってあるクロスは必ずどこかにクロス同士のジョイント部分(継ぎ目)があります。継ぎ目から剥がすのが基本なのでこれを見つけます。

継ぎ目が見つからないとき

天井や継ぎ目が見つからないときはクロスの表面を切ってそこから剥がします。

カッターで切る

刃を寝かせ、下地とクロスの間に刃先を入れます。下地ごと切ると下地を痛めてしまうので良くありません。

カッターで継ぎ目を起こす

継ぎ目を起こす

カッターの刃先でジョイントを少しずつ起こします。

裏紙が見える

クロスが剥がれて下が見えてきました。白い部分が裏紙、黄色い部分がその下の石膏です。
もともとクロスははがすと裏紙が残るようにできています。剥がして裏紙が綺麗に残せそうなら裏紙はそのままで、なるべく傷つけないようにめくっていきます。

引っ張る

大きく剥がす

めくれた部分をなるべく大きく剥がしていきます。これは比較的剥がしやすい方ですが、ものによってはなかなか剥がれない時はスクレイパーを使うと楽です。

入隅の後処理

次回以降で詳しく説明しますが、入隅はクロスを切ってつなげている場合と1枚のクロスを巻いて貼っている場合があります。

クロスを切ってつなげていた場合

角のゴミを取る

切ってつなげていたとき、剥がしたあとで入隅の隙間にコーキングや細かいクロスのゴミが残っています。これをそのままにすると新しく貼ったクロスの入隅が綺麗に見えないので、ゴミやコーキングをカッターで切ってそぎ落としてください。

クロスを1枚で巻いて貼っていた場合

1枚で巻いていた場合

写真では見にくいですが、これは1枚で巻いていたクロスの表面を剥がし裏紙を残した状態です。巻いていればコーキングや細かなゴミが残ることはないですが、裏紙ごと少し入隅で浮いて丸くなっていることがあります。
その場合角ベラで裏紙を押し付けたり、隅だけ切ります。

剥がしたクロスの処分

始めに大きい紙を1枚敷いておくことを推奨しましたが、そうしておけば片付けるとき下の紙を丸めていくだけでゴミがコンパクトになります。闇雲にゴミ袋に入れていくとかさばって体積が大きくなるので、小さく丸めてからゴミ袋にいれたほうがいいでしょう。

丸めて捨てる

ビニールクロスは事業者は一般ごみとして捨ててはいけません。ただし個人の場合は事業ゴミとして捨てるか、細かく切って一般ごみ(燃えるゴミ)とするか自治体ごとに異なるので自治体ホームページを参照してください。

関連記事