に公開
サムネイル画像

キッチンパネルの切り方・貼り方

キッチンパネルとは

キッチンの壁装仕上げ材

キッチンは水が飛び、火や熱が出るので壁材も従来タイルのように防水性と防火性を満たしたものが使われていました。たまにキッチン壁にクロスが貼ってあるケースがありますがキッチンの仕上げは燃えにくい材質で行うことが建築基準法で定められているのであまり良くありません。

キッチンパネルは防火性・防水性に優れた不燃化粧板です。タイルに比べ施工が早く、汚れや断熱性にも優れるのでキッチン周辺の一般的な仕上げ材となっています。

長方形のパネルを切って壁に貼るのが基本的な施工の流れです。

壁の隙間に適当な板材を貼る

キッチンパネルをドア枠ギリギリに貼りたいのですが、少し半端に壁が足りないので適当な板材を貼って壁の厚さを合わせます。

まず壁の幅に合うようベニヤを切っておきます。

ボンドを塗る

ボンドを打つ

壁に二本両面テープを貼って、その間をコーキングガンを使って波状にボンドを打ちます。

左の枠に合わせる

上からベニヤをかぶせます。クロスだと若干の厚みの違いや隙間、継ぎ目などが残るだけで仕上げにそれが浮いて不格好になりますが、パネルなので多少隙間が空いたままでも問題ありません。左のドア枠に対してピッタリ合わせて右には隙間を残しています。

コンセント金具を表に通す

コンセントプレートは金具を外して表面に通しておきます。ベニヤのほうは電源の線さえ通せれば切る必要はありません。この上から貼るキッチンパネル側をプレートに合わせて切るからです。

壁のサイズを測り、キッチンパネルを切る

壁の隙間を埋めたら壁の高さと幅を測ります。これからキッチンパネルをサイズ通りに切って貼る作業になります。

写真の壁なら1枚で貼れそうですが、大きい壁は当然キッチンパネルの長さが足りなくなるのでパネルをつなげて貼っていきます。

壁のサイズを測る

今回は写真の壁(ドア右側の壁)は1枚のパネルを切ってサイズを合わせることで貼っていきます。

キッチンパネルを切る

測ったサイズに合わせてキッチンパネルを切ります。丸ノコガイドを使って平行・直線に切るようにしてください。写真のようにかなり粉塵が舞うので屋外で切ったほうがいいでしょう。

切ったあとでサイズを微調整したり切り口が荒くなっていたら鉋(かんな)で削ります。

丸ノコを使って切る場合は台の上に乗せて切るか、長さ的に台だと切りづらい場合はダンボールなどの上で切ります。

丸ノコを使わずアクリルカッターを使っても切ることは可能です。

キッチンパネルを切る

適当な作業台の上で端から切る方法

丸ノコ

厚手のダンボールの上に乗せて切る方法

配置してみます。問題がなければ先ほどの電源プレートに合わせてパネルをくりぬきます。

サシガネで目印

くり抜く位置にペンで目印をつけて、サシガネであらかじめ切り取る部分の長方形状の線を引いておきます。

パネルの裏側に両面テープとボンドを打つ

テープを貼る

パネルの準備ができたら裏面に両面テープを均等に貼ります。

ボンドを打つ

コーキングガンでボンドを打ちます。

打つボンド

ボンドはこのアイカエコエコボンドを使っています。

テープを剥がす

ボンドを写真のようにまんべんなく、パネル縁にも塗ったらテープの紙を剥がします。

貼り付ける

パネルを壁に貼る

パネルを先ほどの位置に貼り付けます。テープが貼ってあるので一度で決める必要があります。左右のどちらか一辺を合わせながらもう片方の辺を壁に近づけて貼るイメージです。写真の場合右に壁があるので、左をドア枠に合わせています。

繰り抜いておいた穴にコンセント金具を通しておくことを忘れないで下さい。

他の面の壁も

別の面の壁も貼っていきます。が、キッチンパネルはキッチン台の裏に隠れる部分に貼る必要はありません。したがってキッチン台を置いて隠れる部分にはその高さ分を差し引いて貼ります。(必要がないというだけで、キッチン台とパネルの切れ目を一致させる必要があるという意味ではありません)

換気扇部分のパネル

換気扇部分のパネルには換気扇をフードを引っ掛ける穴を開けます。ダクトの穴は壁に貼ってから繰り抜いたのでまだ開けていません。

先ほどと同様にテープ・ボンドを塗って貼り付けます。ちなみにテープ・ボンドはパネル側でなく壁に塗っても構いません。

細いパネル

壁の細い部分にパネルを貼りますがサイズが若干合わないようです。

鉋で削る

鉋でサイズを合わせています。パネルが大きければ削り、多少小さくなってしまったら隙間はコーキングで埋めます。

コンセント金具の固定

コンセント金具の固定

壁側から通しておいたコンセント金具をパネルにビス止めします。

コーキングする

キッチン台を設置しました。

あとはパネル同士、パネルと壁、パネルとキッチン台の間の隙間にコーキングを打っていきます。

マスキング

マスキングする

隙間を挟むようにテープを平行に貼ります。

コーキングガンでコーキングを打つ

コーキングを打つ

コーキングガンで痩せないように多めにコーキングを打ちます。

トスシール

打っているのはこのトスシールです。

均す

ヘラで均す

打ったコーキングをヘラで均します。

均したあと

均したあとはテープを剥がしこのように均一で痩せていないことを確認して下さい。少し削りすぎてしまったら打ち直します。

アルミ化粧パネルの例

キッチンパネルにほぼ近い材質のアルミ化粧パネルを貼って仕上げる例も解説しています。

キッチンの壁にアルミ樹脂積層化粧パネルを貼る施工

キッチンの壁にキッチンパネルと同等の性質を持つアルミ化粧パネルを貼った施工方法を紹介します。このパネルはIHコンロ程度なら十分な耐熱性を持っていて、それでいてキッチンパネルより低価格なので安くてある程度の施工を求める場合にちょうどよいです。

キッチンの壁にアルミ樹脂積層化粧パネルを貼る施工
2015/05/07 07:30

関連記事