に公開(に編集)
サムネイル画像

【壁紙張り替えで必要な道具】 クロス職人さんの腰袋の中身

クロス職人は腰袋という道具を入れるウェストバッグを使います。腰袋に工具一式を入れておくことで、脚立に乗って高い場所で作業するときもいちいち工具を取りに降りる必要がありません。腰袋の中にどのような工具を入れているかを紹介します。

ノリバケ

ノリバケ

スリッターを使わず手動で糊をつける場合に使うハケです。

ステンレス地ベラ

ステンレス地ベラ

主にクロスの端を押さえてカッターで切る際に定規として使います。

地ベラの大きさ

いくつか大きさがあり、これらを使い分けています。

ミニ地ベラ

上で紹介した地ベラもいくつかサイズがありますが、非常に狭い箇所は専用のミニ地ベラを使うと便利です。

ミニ地ベラ

ミニ地ベラは3つの辺が使えるので最も小さい辺だとほとんどの隙間部分に入り込むことができます。

カッター兼竹ベラ(角ベラ)

竹ベラ(角ベラ)

クロスを張った時に入隅やコーナーでクロスをしっかり隅に押し当てるために使います。施工時に使わない職人さんもいますが、これを使ったほうがしっかり隅まで張れるので剥がれにくく、見た目もよくなります。

撫でバケ

撫でバケ(撫刷毛)はクロスを張っていく時に最初にクロスを壁に押し当ててそのままエアを抜いていくのに使います。

撫でバケ

撫でバケにもいくつかサイズの種類があるので比較的大きめのもの、小さめのものといくつかを使いわけるようです。

釘抜き

釘抜き

ボードの釘などを見つけた時にそれを抜くための釘抜きです。

ハサミ

クロス用ハサミ

このハサミは主に糊のついたクロスを壁のサイズに合わせて適宜ざっくりと切るときに使っています。そのため写真の見た目以上に大きいものです。

刃折器

刃折器

クロス職人にとってカッターの刃先が常に新しい状態であることはとても重要です。したがって切れ味が少しでも鈍ったら頻繁にポキポキと折るのですが、その刃折器・折れ刃入れになります。

カッター替刃

カッター替刃

細いカッター

カッター細刃

千枚通し

千枚通し

クロスを切る際や柄合わせの際、クロスに目印を打ちたい時に使います。

定規

定規

ジョイントローラー

ジョイントローラー

撫でバケで押し当てるだけだと圧着するほどの強度はないのでクロスの縁や継ぎ目付近などを剥がれにくくするために使います。

スムーサー

スムーサーはクロス、ダイノックシート(リアテック)のエアを抜くのに使い、撫でバケとジョイントローラーの中間のような役割をします。
必ず使うわけではないですが、クロスによっては空気が抜けにくく張り付けの段階で極力エアを抜いたほうがよいものもあり、そういったケースで用いると便利です。

スムーサー

普通クロスは張ったあと糊が乾いていくのでクロスに染み込んだ水分が抜けて体積が小さくなります。すると表面がどんどん張った状態になり、多少空気が入っていても数日後には空気が抜けた状態になります。
ところが最近は汚れ防止のコーティングがされたクロスなどが出まわっており、クロスと下地の間にある空気がクロスの表面から抜けていかないことがあります。とくに下地側がモルタルだと空気を吸い込むことがほとんどないので、クロス下のエアがなかなか抜けません。
したがってこういったクロスの場合にスムーサーを使ってエアをかき出すと良いようです。

ジョイントコーク

ジョイントコーク

クロスを切った時壁際や枠に対して数mm程度の空きができたときにジョイントコークを塗ってやると継ぎ目や空きが目立たなくなります。また一部分が剥がれたときなどに補強用の接着剤としても使用可能です。

ウェス

ウェス

忘れてしまいそうですがクロスを張った後クロスの切り口である周辺部分のジョイントコーク、糊を拭き取る必要があります。これを怠るとノリのでんぷん質が原因で腐食、カビの原因になってしまいます。

糊の拭き残し

例えばこちらの枠の黄ばんだ汚れはおそらくクロスを張った時に糊を拭きとっていなかったことが原因ではないかと考えられます。

いかがでしたか? この他にも状況に応じて様々な道具を入れています。
高所での細かい作業が多いクロス張替えでは腰袋が便利で必須アイテムでしょう。

関連記事