に公開(に編集)
サムネイル画像

【動画あり】クッションフロアの貼り方 糊のひき方

賃貸マンションでのクッションフロアの貼り方を解説しています。今あるクッションフロアが下地として綺麗だったので、そのまま上に貼る方法を紹介します(重ね張り工法)。重なった繋ぎ目の処理、壁際の切り方、接着剤の延ばし方などを解説しています。

必要な資材・工具

  • カッター
  • フックカッター ・・・先端がカギ状になっていて、クッションフロアを引っ掛けて切ります
  • クッションフロアの接着剤
  • ソフト巾木
  • ソフト巾木用の接着剤
  • 差し金
  • 床用ジョイントローラー
  • 巾定規

施工前

Before

状態はけっこう綺麗です。ただ、色味が少し古い印象があるので張り替えることになりました。

クッションフロアの浮き

大体綺麗なのですが、端の部分だけ歪みによる浮きが発生しています。

今回はクッションフロアが綺麗なので下地としてこのクッションフロアの上に貼る(重ね貼り)ことにしますが、浮きをそのままにすると新しく貼った床材にも歪みが出てしまうのでここだけ先に補修します。

重ね貼りと、剥がして貼る場合の違い

今回はクッションフロアを剥がさずそのまま上に重ね張りしました。「これって手抜きなんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、表面がデコボコしていなければそのまま重ねて貼ってもいいし、剥がして貼ってもいいのです。
とくに下地がモルタル面だと重ね張りのほうが衝撃吸収性に優れて足ざわりがよくなったり床が冷たいと感じることが少なくなるメリットがあります。
ちなみに剥がして貼っても剥がす作業が加わるだけで、(剥がした結果下地に問題がなければ)工程に変化はほぼありません。

浮いている箇所を切って直す

クッションフロアを切る

浮いている部分を長方形型に切ります。
差し金や定規を当ててカッターで切ったら、カッターの先端を切れ目から潜らせてクッションフロアを剥がし、そのまま剥ぎ取ります。

クッションフロアを剥がす

引っ張る際にCFがちゃんと切れていないとつながって剥がれてしますので注意してください。

重ね張りする際に下のクッションフロアの角や端が剥がれていると上から貼っても解消されないので、もし余計に剥がれてしまったらその部分を糊で元通りくっつけます。

剥がしたクッションフロアに接着剤を塗る

部屋のサイズより少しクッションフロアが大きく、材料が窮屈になっていたので浮いてしまっていたようです。年月が経っていて浮いたまま形がついてしまっているのでこれを手で反対側に曲げて癖を直して平らにします。

平らにしたら裏面に接着剤を塗りますが普通のクッションフロア用接着剤では密着性が足りないので、ソフト巾木用の速乾接着剤(G10)を使っています

ハケ

接着剤はダンボール片などに適量を出して、ハケで取って塗ります。

ハケは廃材を

ちなみに本物のハケを使わずに廃材のカーペット片を使うことで使い捨てできて便利です。
切り取ったCF片だけでなく下地側にも同じ速乾接着剤を塗ってください。そのほうが食い付きがよくなります。

貼り付ける

もとの位置に貼り付けます。切り取った手前で突きつけ、奥のほうに向かって貼り付ければ余分な分(もとのクッションフロアの長さ - 切り取られた下地の長さ)が壁際にできるので、これをカッターで切ります。

ローラーでしごく

最後にローラーでしごいてください。

今あるソフト巾木を剥がす

巾木とクロスの間を切る

ソフト巾木を剥がしますが、ソフト巾木とクロスの間をカッターで切っていくことが重要です。そうしないと巾木を剥がすのと一緒にクロスが剥がれることがあるためです。

巾木を剥がす

手で剥がすか、剥がしづらい時はカッターの歯で巾木と壁の間を広げながら剥がします。

巾木と一緒にクロスも剥がしてしまった時

誤ってクロスがつながって剥がれてしまった例です。

巾木を剥がした時にクロスが剥がれた例

少し上の部分のクロスが欠けているのがわかりますか?ソフト巾木がクロスとくっついていたので、巾木を剥がしたときに一緒にビリビリと破けてしまったのです。

失敗した際は慌てずに、剥がれてしまったクロスの破片を丁寧に回収してください。ジョイントコークを使ってうまくくっつけます。

ジョイントコークで貼り直す

剥がれたクロスを丁寧に扱って、ジョイントコークを塗ってもとの位置に貼り付けます。

剥がした箇所に接着剤を塗る

巾木を剥がした箇所に先に接着剤を塗っておきます。(巾木を貼るのはCFを貼り終えたあとです)
貼り替えの前に塗るのは貼り替え後だと新しいクッションフロアを接着剤で汚してしまう恐れがあるためです。

巾木の下地に接着剤を塗る

貼る前の準備

それでは貼る前の準備をしていきます。

下地を綺麗にする

ゴミやチリを掃きます。
また、水分や油分がある場合は糊の食い付きが悪くなるのでウェスで拭き取ります。

クッションフロアの仮置き

用意したCFを仮置きしていきます。

重ねる

今回は部屋の寸法に合わせ、2枚のCFを用意しました。これを組み合わせて貼るわけですが、クッションフロア同士は重ねています

なぜならそのほうがつきつける^1よりも誤差なくクッションフロア同士をつなぐことができるからです。

あとは重なりが一定の幅になるように測って調整します。

クッションフロアを切る

まず壁際の形に合わせて巾定規で切っていきます。

巾定規とは

巾定規とはその名の通り、幅が一定の定規です。
壁際から巾定規を平行にスライドして、手前のクッションフロアを動かさないようにしながら切ります。

説明するより動画を見たほうが分かりやすいですが、壁際から全て一定幅で切ればちょうど柱や梁を含めた壁の形状の通りにクッションフロアを切れるので、最後にその分スライドさせれば壁にピッタリ収まるわけです。

切ったら目印として壁の巾木に隠れる部分に印をつけます(マスキングテープを貼って印をしてもOKです)。クッションフロア側にもマスキングテープを貼って、テープに鉛筆で印をします。この印同士をあわせるように貼れば綺麗に壁に接することになります。

後編に続きます!

【動画あり】マンションのクッションフロアの貼り替え

賃貸マンションのクッションフロアを貼り替えました。前回に引き続き、今回は接着剤を床に塗り貼り付けます。継ぎ目はシームシーラーでつなげて、ソフト巾木を貼りました。

【動画あり】マンションのクッションフロアの貼り替え
2015/11/12 15:23

関連記事