に公開
サムネイル画像

【詳解】ネジの選び方 長さ・材質・形状をどう選べばよいか?

実際にネジを使おうと思っても種類がありすぎてどの種類のものを使えば良いのか分からない方のためにネジの種類と用途をまとめてみました。

ネジ・ビス・ボルトの違いとは?

ネジには一般的にネジ山が外側にある雄ネジネジ山が内側にある雌ネジで分かれており、これらをかみ合わせることによって目的の材料を締結させることができます。特に、ネジの中でも先端が尖っている小さな雄ネジをビス、また内面に螺旋状の溝があるナットと組み合わせて用いるものをボルトと呼ぶこともあります。

ネジ用語

ネジ切り加工

職人の間でよく使われる「ネジを切る」という言葉ですが、これは雄ネジと雌ネジをかみ合わせるためのねじ山を作るという意味で使われます。特に、雄ネジを切るときにはダイスと呼ばれる道具を使い、雌ネジを切るときはタップと呼ばれる道具を用います。

ネジの材質の選び方

ネジにはいろいろな材質があり、材質によって強度や特性が変わってきます。したがって、用途に適した材質を選ぶことで、完成品のクオリティーを最大限に上げることができます。

一般的に使われている素材で、材料費や製品単価が安く、加工も容易なのが特徴的です。しかし、鉄はさびやすいので、水周りや屋外で使用する場合はあまりオススメできません。

ステンレス

鉄と同じく一般的な素材で、加工技術の向上により以前よりも加工が容易になりました。また、ステンレスはさびにくい特徴があるので、水周りや屋外での使用に適しています。しかし、ネジの摩擦によって、雄ねじと雌ねじが膨張することによって密着し、動かなくなるかじり(焼付き)と呼ばれる現象が起きることもあり、その際は潤滑油を入れることで防ぐ必要があります。

アルミニウム

軽量で腐食に強い素材なので装飾として用いるものや、車のホイールなど用途は多岐にわたります。ただ強度が比較的弱いので強度の必要な箇所には適していません。

チタン

近年注目を集めている素材です。化学的に安定なので人体に優しく、重さの割に強度が優れているのが特徴的です。実際にはめがねや航空機の部品に使われていることが多いですが、希少な素材なので価格はやや高めとなっています。

樹脂

樹脂は頻繁には使われていないですが耐薬品性、電気絶縁性、耐食性、断熱性など用途により様々な樹脂があるのが特徴的です。

関連記事