に公開
サムネイル画像

【プロの技】フローリングの引っかき傷を補修する方法

今回はプロの方を取材し、フローリングにできた引きずり傷・引っかき傷の補修方法をご紹介します。
傷の大きさ・種類により、有効な対処法が変わりますのでちゃんと判断して正しく補修しましょう。

比較的浅いキズのリペア

まずは軽く上からこすって表面の色が落ちたり溝ができているケースです。

ガスゴテで色のついた樹脂を混ぜる

フローリングのキズに対して、リペア用の樹脂をガスごて(コードレスのハンダごて)で溶かし、数種類の色を混ぜて色を作っていきます。
この色合わせが難しいですが、少しずつ色を重ねて実物の色に近づけていきましょう。

色合せ

複数の色の樹脂を溶かし混ぜることでフローリングごとにあった色調に近づけます。

フローリングのキズに沿って樹脂を塗っていきます。線を描くというより、点をつなげていくイメージです。

樹脂を塗った後にそのまま固まってしまうと段差ができてしまうため、カッターナイフの刃を当ててそぐように平らにしていきます。

木の色合いを出す

キャンディーカラーベースのイエローを少し混ぜることで、光沢が出て自然な木の風合いを再現できます。

キズがほとんど目立たなくなりました。

内部に汚れが入って黒くなっているキズのリペア

フローリングのキズの内部に汚れが入って黒くなっている場合、樹脂が入っていかずに着色しづらいため、先にカッターナイフの刃で汚れを除去します。

関連記事